米NY裁判所、仮想通貨を利用した投資詐欺に罰金4億円超 | 昨年4月にCFTCが起訴【ニュース】

米ニューヨーク東部地区の裁判所は、仮想通貨「ATMコイン」を利用した投資詐欺に関与した被告に対し、罰金425万ドル(約4億6000万円)の支払いを命じた。11月1日に米商品先物取引委員会(CFTC)発表した。

被告は、ブレイク・ハリソン・カンターナザン・ムリンスと、英国拠点のブルー・ビット・バンク、タークス・カイコス諸島のブルー・ビット・アナリティクス、ニューヨークのマーキュリー・コーブG.トーマス・クライアント・サービスの関連事業体4社。

今回の件はCFTCの仮想通貨タスクフォースが昨年4月に、仮想通貨を使ったバイナリーオプションの詐欺的なスキームを実行していたとして起訴していた。CFTCによれば、被告らは同コインの価値が皆無に等しい状態と知りながら、著しい価値があるものと宣伝して投資家をだましていた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版