仮想通貨XRP(リップル)を決済手段に追加=決済サービスのコインゲート | クレジットカードなどでXRP購入も可能に

リトアニアの仮想通貨決済サービスのCoinGate(コインゲート)は、加盟小売店で新たに仮想通貨XRPが決済手段として使えるようなったと発表した。これにより、XRP保有者はコインゲートが提携する4500以上のオンラインショップでXRPを決済集団として使えるようになる。

XRP追加の理由についてコインゲート「コミュニティーからの需要が強かった」と説明。またXRPを採用するメリットとして、決済スピードがたった4秒で1秒間に1500以上の取引を維持できる点手数料が0.00001ドルとほとんどかからない点を指摘した。「素晴らしいパフォーマンスと否定できない便利さは、世界でカジュアルな決済を行う健全なツールだ」と高く評価した。

コインゲートは昨年7月、小売店など100カ所で、ビットコインのライトニングネットワーク(LN)による決済のテスト取引を開始すると発表していた。

ライトニングネットワーク(LN)とは、仮想通貨の流動性を高める技術。仮想通貨の通常取引は取引速度の遅延や取引コストの高騰などスケーラ…

その他のXRP関連サービス

また同時にコインゲートは、いくつかの方法でXRPの購入が可能になったと発表した。