仮想通貨取引所コインベースのアームストロングCEO、電子メールを利用したビットコイン取引で特許取得【ニュース】

仮想通貨取引所コインベースのブライアン・アームストロングCEOが、ユーザーが電子メールを介して仮想通貨ビットコイン(BTC)を取引できるソリューションの米国特許を取得したという。

米国特許商標庁(USPTO)が12月17日、アームストロングCEOが2015年3月に出願した内容に関して、特許(米国特許: 10,510,053)を授与したことを明らかにした。出願内容によると、ユーザーは取引手数料(マイナー手数料)を支払うことなく、ウォレットアドレスに関連付けた電子メールアドレスを使用しBTCの支払いを行えるそうだ。

ウォレットアドレスの識別に電子メールアドレスを利用

特許内容の要約によると、システム内ユーザーのウォレットアドレスを識別するために電子メールアドレスを利用しているという。この仕組みは、BTC用ウォレットの作成・管理モジュールと電子メールモジュールを結びつけることで構成されている。

(出典: 米国特許商標庁(USPTO) システム内ユーザーのウォレットアドレスを識別するために電子メールアドレスを利用しているとい