米仮想通貨取引所コインベースCEOが予想する今後10年|匿名通貨やユーティリティの時代に【ニュース】

コインベースのブライアン・アームストロングCEOは1月4日にブログを更新し、2020年は匿名通貨の時代になるだろうと予想した。

アームストロングCEOは3日の過去10年の振り返りと同様に、今後10年の予想を展開。その中で「スケーラブルでプライバシー機能を備えたブロックチェーンによって2030年までに10億ユーザーにリーチする」と主張した。

「インターネットがHTTPで始まり、多くのWebサイトでHTTPSがデフォルトとして導入されたことと同様に、2020年代は『プライバシーコイン(匿名通貨)』またはプライバシー機能が組み込まれたブロックチェーンが主流になる」

また2020年はトレーディングからユーティリティの時代に移るとも指摘した。2010年代は仮想通貨への投機と投資が行われ、トレーディングは最高のビジネスモデルを推進したと評価。この傾向は2020年代も続くと予想したうえで、以下のようにコメントした。

「2020年代の仮想通貨で生み出される新しい会社は、ユーティリティフェーズ(取引目的以外で仮想通貨を利用する人々)に取り組むだろう。私たちはすでに、この傾向が始まったことを認識しており、より多くの顧客がトレーディング以外のアクティビティ(ステーキング、借入/貸借/証拠金、デビットカード、獲得、商取引など)を行っている」

さらに2020年代は世界の富裕層が仮想通貨分野の人間が占めることになると予想した。

「私の友人であるオラフ・カルソンウィー(仮想通貨ヘッジファンド、ポリチェーンCEO)とバラジ・スリニバサン(コインベース元CTO)は、ビットコインは20万ドルに到達することで、世界の億万長者の半分以上が仮想通貨分野が占めると予想している」

【関連記事:コインベースCEO「ビットコインは最高のパフォーマンスを発揮した資産に」 | 過去10年の仮想通貨業界を総括

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン