中国:ブロックチェーンはデジタル経済のコア、総力を挙げて取り組む

 中国工業情報化部(MIIT)の副部長は政府に対し、ブロックチェーンを新たなデジタル経済の「コア」技術として発展させるべく「総力を挙げて」取り組むよう要請した。16日にMIITのホームページに文書が掲載された

 MIITの辛国斌副部長は、2018年国家製造強国専門家会合の中で、ブロックチェーンの「重要な役割」を「戦略的視点から理解する」べきだと述べた。

「〔ブロックチェーンは〕従来の与信システムの持つ欠陥を補い、情報の改ざんや偽造を防ぎ、社会全体のコストを削減することができる。(この技術は)金融、eコマース、スマート医療、社会保障、IoT、エネルギーなどの分野に応用され、重要な影響を及ぼすだろう」

 国家製造強国建設指導グループの責任者も務める同氏は、中国はブロックチェーン技術を「産業」規模で開発し、あらゆる経済・社会分野においてブロックチェーンの導入を加速させなければならないと述べた。

 また、産業規模でのブロックチェーン利用における問題を確実に「突破する」という「中核目標」を達成するためには、技術利用に前向きな規制・制度環境の整備に向けた包括的な計画が必要だとしている。

 さらに、この目標に向け、政策方針の強化、制度的制約の緩和、ブロックチェーン分野を促進する環境の「最適化」が必要だと強調した。

 中国政府は、依然として仮想通貨に厳しい方針を維持しており、国内の仮想通貨取引は明らかにマイナスの影響を受けている。しかし、その一方で中国のブロックチェーン分野はここ数ヶ月で勢いを増しており、政府上層部が支持していることがこの状況に拍車をかけている。

 中国の習近平国家首席は今年5月、ブロックチェーンについて、「深く国家の命運や国民生活に影響を与える」「新世代の技術」だと賞賛した

 また中国の中央銀行はブロックチェーンの統合に向けた長期ビジョンを追求している。6月にデジタルウォレットに関する新たな特許を出願したほか、ブロックチェーンを活用して小切手をトークン化する新たなシステムを開発していることを公表した