チリ初 リップルネットに加盟 仮想通貨による低価格化・送金スピード改善に期待

南米チリの送金業者カレンシーバードが25日、リップル社の決済ネットワーク「リップルネット」に参加したことを発表した。リップルネットに参加する初めてのチリ企業となる。

カレンシーバードは、すでに50以上の送金先を持っている。リップルネットに参加することで、新たな通貨を用いてより安い価格と速いスピードで送金サービスを提供できるようになるとしている。

ザ・ダイアローグによると、2018年に南米とカリブ海周辺における家族間の総金額は850億ドル(約9兆1800億円)に到達。世界銀行によると、2018年にチリは個人間送金で6600万ドル(約71億円)を受け取った。

リップルネットにはすでに大手銀行や送金業者など200社以上が加盟しており、第2四半期(4-6月期)は顧客の取引数が過去最高を記録していた。

【関連記事:リップル、仮想通貨XRP使うxRapidの堅調さを報告