ブルガリアの検察、約6億円の仮想通貨盗んだハッカーを逮捕

ブルガリア憲兵隊と特別検察官が、約6億円相当の仮想通貨盗難に関与した疑いで3名のハッカーを逮捕した。同国首都ソフィアに本社を置く新聞社、24チャサが11月26日(月曜)に報じた

報道によると、ブルガリア警察は、仮想通貨データ保管用のハードウェア、コンピューター等ハッカーが使用した疑いのある機器に加え、約3.4億円相当の仮想通貨を押収したという。

検察は仮想通貨アカウントの詳細を含むノートパソコンの他、盗まれた資産で購入した疑いのある車と約6万ブルガリア・レフ(BGN)(約400万円)も押収。検察によると、容疑者らは新種のハッキング手法を使い、高度な技術を用いて詐欺を働いたという。

検察は5カ月前、通報を受けた直後に捜査を開始したと伝えられている。容疑者らは現在、地方特別裁判所の命令で収監されている。

仮想通貨に関連した盗難や詐欺は世界的に増加している。

米カリフォルニア州当局は先週、「SIMスワップ」で100万ドル相当の仮想通貨を盗んだ疑いでニューヨーク出身の21歳男性を逮捕している。このハッキング手法は、オンラインの金融口座やソーシャルメディアのアカウントを乗っ取るために携帯電話の番号を盗むというものだ。

カリフォルニアの法執行組織であるREACTタスクフォースは以前、「SIMスワップ」が仮想通貨詐欺に対抗するための「最優先事項」の1つになったと報告している。