9月の戦績はまちまち 仮想通貨ビットコイン、バックトで勢いをつけられるか

ビットコインは、史上最悪の月である8月をマイナス4%で終えた。過去3年間、9月の戦績はまちまちだが、今年は23日に市場関係者待望のバックトによるビットコイン先物立ち上げがある。

(出典:Coin360「ビットコイン/米ドル(8月)」)

8月29日にビットコインは一時9450ドルまで下落した。現在は若干持ち直し、9767ドル付近で推移している。

過去3年間、9月の戦績は以下の通りだ。

  • 2016年 +6.2%
  • 2017年 −8%
  • 2018年 −5.6%

9月の注目イベント

09/12   バイナンス、米国ユーザーブロック
09/12   ECB  政策委員会会合
09/17   イーサリアムクラシックがハードフォーク
09/17~
09/18   FOMC(連邦公開市場委員会)
09/23   バックト、ビットコイン先物を立ち上げ

1番の注目は、バックトによる現物受け渡しのビットコイン先物だろう。仮想通貨アナリストの中には、ビットコインETFより市場にポジティブな影響をもたらすという見方も出ている

【関連記事:SECのビットコインETF延期は悲観しなくてよい?ファンドストラットのトム・リー氏に単独インタビュー

また、中央銀行の動向にも注目が必要だ。12日のECB、18日のFRBが、どの程度、金融緩和路線を進めるのか。一般的に金融緩和はビットコインにプラスと言われている。

【関連記事:9月のECBはビッグバズーカを用意?仮想通貨ビットコイン相場にもサプライズなるか

また、デジタルゴールドとしての存在感が高まる中、米中貿易戦争や香港のデモなどの動向も気になるところだ。