「STOは金持ちのための新たな仮想通貨」=ブルームバーグ

株など既存の資産を裏付けとして発行されるトークンを使った資金調達STO(セキュリティ・トークン・オファリング)は、金持ちのために存在しているとブルームバーグが報じた

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)市場が、詐欺コインや規制の強化などから衰退する中、代替策として今年注目されているSTO。株や不動産など既存の資産に裏付けられたトークンであるため、ICO時のように問題にならずに証券法の適用が決まっており、投資家の間では期待が高まっている。

ブルームバーグによると、2017年のSTOは2件だったが、2019年には90件近くになる見込みだという。

しかし、ブルームバーグはSTOは金持ちにしか売られていないと指摘。具体的なデータは示していないが「影響力がある仮想通貨取引所のほとんどが、セキュリティー・トークンの提供をしていない」と伝えた。

【関連記事:STOとICOの違いについての解説記事はこちら