ビットコインが急騰、理由はイスラム法のビットコイン容認か

 仮想通貨市場は12日、ビットコイン(BTC)がわずか30分で1000ドル以上値上がりし、8000ドルを突破した。ほかの仮想通貨も上昇し、ほぼ全面高の展開となった。

COIN360

一体何が今回の急激な値上がりの理由なのかはっきりしていないが、ビットコインがイスラム法で認められるというレポートが12日に出されており、ツイッターではこれが影響したのではないかという声もある。

 (ポジティブなFUD。ビットコインがイスラムのコミュニティに認められ、18億人もの人々がビットコインをことができるようになる。サウジアラビアやカタール、アブダビのソブリンファンドが仮想通貨市場に参入すれば、近いうちに価格の上昇が期待できるだろう)

 BTCは7817ドル前後で取引されており、過去24時間で14%の上昇だ。

BTC Value & Volume

 コインテレグラフへの寄稿者であるジョセフ・ユンは、急激な価格上昇について、ビットコインの典型的な価格高騰の例であるとコメントした。

仮想通貨トレーダーのWhalePanda氏は、この上昇を「ベア・トラップ」と述べている。

 イーサリアム(ETH)もまた、著しい価格上昇となった。約1か月にわたり400ドル周辺で価格が動かなかったのが、記事執筆時点で465ドル近くで取引されている。過去24時間で12%の上昇だ。

ETH Value & Volume

 時価総額は今月になって初めて3000億ドルを上回ったが、記事執筆時点ではわずかに下落し、2970億ドルになっている。

Total Market Capitalization

 コインマーケットキャップに掲載されている仮想通貨上位10コインでは、EOSが最も上昇しており、過去24時間で30%以上値上がりしm、現在は8.90ドル前後で取引されている。EOSの価格急騰は、新しいブロックチェーンプラットフォームEOSIO Dawn 3.0が発表されたことも影響しただろう。

 ほかのアルトコインも価格が上昇している。上位10コインのうち9つが過去24時間で10%以上値上がりしている。カルダノは22%上昇し、0.18ドルで取引されている。IOTAは14%上昇し、1.18ドルで売買されている。NEOは約13%の上昇で、現在は約60ドルだ。