仮想通貨価格分析 長期的な投資に向けた材料はどこに?:ビットコイン、リップル、イーサリアム、ステラ、EOS 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

市場が荒れた時に底は形成される。ビットコインが5900ドルの重要なサポートを下回った後、投資家は投資の完全な損失を恐れて保有分を売り出した。仮想通貨の未来を信じてなく、早く儲けたいだけの人にとっては、それは正しいことかもしれない。

しかし、ブロックチェーンと仮想通貨のストーリーを信じている人々にとって、現在の落ち込みは長期的な投資を行う絶好を提供する。底が形成される過程では、見通しは常に悲惨であり、ニュースのすべてがネガティブなものだとみなされる。

このようなニュースの1つは、米司法省がステーブルコインのテザーが2017後半のビットコインの相場操縦に使われていた可能性を調査するというものだ。個人投資家を保護するための規制上の措置は長期的にはポジティブだと思われるが、市場はそのようには考えなかったようだ。

急落の後、否定論者は勝利を宣言し、さらなる急落を予測している。だが強気筋から見れば、長期的には買いの機会になるだろう。市場が恐怖にのみ込まれた時に底を予測するのが困難だ。したがって、買いを試みる前にマーケットが安定化する兆しを見せるのを待つ方が良いだろう。

ソフトウェア会社はドットコム・バブルの後に消えてしまうことはなかった。2007~08年の金融危機の後、世界が終末を迎えたわけではなかった。同様に、この弱気市場もまた一過性のものであり、より強い仮想通貨が上昇し、投資家に利益をもたらすだろう。従って、市場が比較的低リスクの買いの機会を提供できるのを注視していこう

BTC/USD

ビットコインは11月20日に4368.69ドルまで急落した。過去2日間の下落は、投資家によるパニック売りのような印象を受ける。通常、底が形成されるのは、このような清算の後だ。

BTC/USD

2つの移動平均線はともに下落しており、これはネガティブなサインだ。相対力指数(RSI)は売られ過ぎの領域にある。これは売りが課題となっており、反発が起こる可能性があるといえる。

強気筋は、BTC/USDのペアを下降トレントラインまで押し上げようと試みるだろう。これは障害にあたる可能性がある。もし下降トレンドラインを超えることができれば、弱気筋は5450~5700ドルの領域で強い抵抗を示すと予想される。

次の下落は、底についてより良い洞察を与えてくれるだろう。弱気筋が4,368.69ドルまで下落させることになれば、4000ドルまでの下落、さらに3000~3500ドルの重要なサポートゾーンまで下がる可能性がある。

一方、強気筋が4,368.69ドルを首尾よく守ることができれば、そこが底になる可能性が高い。すぐに底を突き止めるのは困難だ。私たちは、後天的にしか底を確認することができないからだ。

XRP/USD

最近の相場急落の中で、リップルは優秀なパフォーマンスを見せた通貨の1つだ。時価総額ランキングではイーサリアムを抜き、第二位の仮想通貨となった。

XRP/USD

XRP/USDのペアは現在、トレンドラインと0.40ドルの間でサポートを得ることができている。どちらの移動平均線もフラットなままで、短期的にはレンジ内での値動きをする形とみられる。上昇方向では、0.519ドルと0.565ドルがレジスタンスとして働くだろう。

下落するとなれば、弱気筋が0.40ドルを下抜けさせれば、0.37185ドルまで下がり、さらに0.26913ドルまで下落する可能性がある。リップルについては比較的強気な見方をしているが、トレードを提案する前に新しい買い場が設定されるんを待ちたいと思う。

ETH/USD

イーサリアムは11月20日の相場急落でさらに下落し、136ドルのサポートを下回った。相対力指数(RSI)は売られ過ぎの領域にある

ETH/USD

現在、強気筋は126.20ドルの水準から反発させようとしている。この動きは167.32ドルで厳しい抵抗に直面する可能性が高い。20日間EMAもまた抵抗線となるだろう。

次の下落が126.20ドルを下回った場合、ETH/USDのペアは110ドルまで下落する可能性がある。トレンドが下がるにつれて、私たちは取引を提案する前に、新しい信頼できる買い場が形成されるのを待ちたい。

XLM/USD

ステラは11月19日に上昇チャネルを下抜け、20日にはさらに急落した。しかし、強気筋は0.184ドルの重要なサポートを維持することはできている。

XLM/USD

現在の反発の試みは、チャネルのサポートラインが強い抵抗となっている。この抵抗を上抜けた場合、次の抵抗は下降トレンドラインだ。

もし弱気筋がXLM/USDのペアが0.184ドルの重要な支持線を下抜けさせれば、次の支持線は0.13ドル、そこも下回れば、0.009ドルとなるだろう。

EOS/USD

EOSは、3.8723ドルの重要な支持線を下抜け、11月20日には3.4703ドルまで下落した。RSIは売られ過ぎの領域にあり、反発の可能性は高い。現在、強気筋は直上の抵抗線である3.8723ドルを超えようとしている。これが成功した場合、反発の動きは4.493ドルまで拡大することができるだろう。4.493ドルも強固な抵抗線になるとみられる。

EOS/USD

反発の動きが4.1778ドルで失速すれば、弱気筋は再びEOS/USDのペアを3.8723ドルまで下落させようとするだろう。これに成功した場合、次の支持線である3ドルのラインまで下落幅が拡大する可能性もある。20日間EMAが下落しており、弱気筋が優位な状況んを示している。