上昇基調は続く?仮想通貨ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH) のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングの動きにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCによって提供されています。

過去2年ほど仮想通貨市場は価格の動きばかりが気になっていたが、2019年はよりファンダメンタルズに焦点が当たるようになるかもしれない。仮想通貨コミュニティーがファンダメンタルズを重視しない限り、持続的な回復は見られないかもしれない。

起業家のウィンクルボス兄弟は、ステーブルコインとトークン化証券が仮想通貨業界にとって追い風になると予想。ビットコイン(BTC)に関しては楽観的な見方を維持しており、金よりも良い投資対象だという見方を示している。

ウィンクルボス兄弟はバイアスがかかっているかもしれないが、既存のプレイヤーの参入に期待せずに入られない。

スイスで3番目に大きな金融カストディ(資産管理)提供者Vontobel銀行は、機関投資家向けにデジタル通貨のカストディサービスを開始ウォール街のフィデリティなどに追随する動きで、機関投資家のマネーが流入するのも時間の問題ではないかと期待してしまう。

しかし、世界の金融機関の足並みが揃っているわけではない。中央銀行の中央銀行と呼ばれる国際決済銀行(BIS)は、ビットコインに投資したら