英中銀総裁「仮想通貨にリスクはない」、BTCが1000ドル超上昇

 イングランド銀行(イギリスの中央銀行)総裁であり、金融安定理事会(FSB)議長を務めるマーク・カーニー氏は、G20参加者に向けた13日付の書簡で、仮想通貨は世界経済に対して「危機のリスクはない」と述べた。ロイターが18日に報じた。

 書簡は、20日からアルゼンチンで行われるG20財務大臣・中央銀行総裁会議に向けたものだ。書簡の中でカーニー氏は、ビットコインやほかの仮想通貨が金融の安定性に悪影響を及ぼすという懸念を払しょくした。

 「G20メンバーの関心に応え、FSBは急成長する仮想資産の金融安定性へのリスクについて調査を行った」と最初に述べ、次のようにリスクについて説明している。

 「FSBの一次評価は、現時点において仮想資産がグローバル金融の安定性を脅かすリスクはないというものだ。なぜなら、この分野の規模は世界の金融システムと比較すれば、小さなものだからである」

 今週のG20を巡っては、ここ数か月、仮想通貨業界がずっとその動向を注視していた。昨年12月から、世界の規制当局や政治家たちは、G20の場で仮想通貨規制について議論するということをほのめかしていた。

 カーニー氏の発言を受け、市場はすぐに反応した。BTC/USDは、1000ドル近く上昇し、BTCは8300ドル近辺で取引されている。過去24時間で7.25%の上昇だ。

 カーニー氏自身も規制の必要性については発言していた。今年2月には、仮想通貨は「通貨として失敗だ」とも主張していた

 しかしながら、ほかの伝統的な資産と比較して、仮想通貨は現時点ではそれほど重要な問題ではないと、彼は書簡で述べている。

 「最近の急激な成長にも関わらず、(仮想通貨の)グローバル市場での全体規模は、世界のGDPの1%にも満たない。過去の世界金融危機において、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の想定元本が、世界のGDPと同額だったこととは対照的だ」

 今後について、カーニー氏は「FSBは仮想資産が金融安定化へのリスクとなるかどうかをモニタリングする指標を作成し、必要とあればG20の場で改訂していく」と書いている。