「ビットコインはデジタルゴールド、フェイスブックのリブラはデジタルドル」米仮想通貨アナリストが解説

「ビットコインはデジタルゴールド、フェイスブックのリブラはデジタルドル」

仮想通貨投資会社BKCM創業者のブライアン・ケリー氏は、米経済番組CNBCに出演して上記のように述べた。フェイスブックが18日に発表した仮想通貨プロジェクトのリブラはビットコインの競合ではなくて仮想通貨業界全体の信用性を高めるという見方が出ているが、ケリー氏はその理由を「米ドル」と「金」に例えて解説した。

「大きな違いはこれだ:リブラはデジタル版のドルや円、ユーロを作っている。ステーブルコインのようだが、法定通貨が持つ全ての要素を兼ね備えている。ビットコインはデジタルゴールドだ。私の意見では、金よりはるかに良い。第3者が関与することがない。それが大きな違いだ」

ケリー氏が強調したのは、第三者を信用する必要があるかどうか。

リブラの場合は、「フェイスブックがドルを保有し、台帳を追跡し、トークンの価値を担保する必要がある」(ケリー氏)。一方、ビットコインは「トラストレス」であり、「誰かが台帳をチェックしているはずと信じる必要がなく、自分でチェックできる」(ケリー氏)。

その上でケリー氏は「リブラが既存のシステムを維持」する一方、「ビットコインは既存のシステムを必要としない」と述べた。

ビットコインに「支払い手段」としての機能を期待する人がいる一方で、ケリー氏のようにデジタルゴールド、つまり資産の逃避先としての機能やプライバシーの保護に対する機能こそがビットコインの本質と見る人も多い。

また、ファンドストラット代表のトム・リー氏は、フェイスブックのリブラはビットコインにとって脅威にならないものの、ステーブルコイン開発者にとっては「気の毒だ」と述べた

【関連記事:”ビットコインではなくブロックチェーンを信じる”はもう通用しない? 仮想通貨アナリスト、フェイスブックのリブラを歓迎

一方、フェイスブックのブロックチェーン研究チームトップのデビッド・マーカス氏は、19日にブルームバーグのインタビューに答え、将来的にはドルのライバルになりたいと語っている。