ハードフォーク控えたビットコインキャッシュや堅調なリップルの今後は?主要仮想通貨テクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

「大企業はデジタル資産にほとんど興味を示していない」

リスボンで開かれたWebサミットでネット専用銀行のニコライ・ストロンスキーCEOが発言した。

新しい技術はどんなものでも人々に受け入れられるまでに時間がかかる。インターネットですら規模の拡大に時間がかかった。コンセンシスの創業者ジョセフ・ルービン氏は、普及までインターネットより「少し時間がかかるかもしれない」とみている。

最近米国で開かれた中間選挙では、多くのブロックチェーン支持の政治家が当選した。ポジティブなサインだ。マーケットの動きは相変わらず鈍いが、未来は暗くない。

BTC/USD

11日は6400ドルを下回ったところで買いが入った。しかしビットコインは二つの移動平均線によるレジスタンスに直面していて、より高い水準では買いが続かないことを示している。

BTC/USD

(引用元:TradingView

レンジが狭く小さくなっているときは、トレーディングを避けるべきだろう。レンジが大きければ安値で買って高値で売ることができるが、BTC/USDは現在そういった機会を提供していない。

もし6831.99ドルを超えたら、ショートポジションの解消が進み、7400ドル、その上では8400ドルまで上昇するだろう。

一方、もし5900ドルの重要なサポート水準を割れば、狼狽売りが起こるかもしれない。そのときは、5000ドル〜5450ドルの水準まで下がるだろう。それゆえトレーダーは、ロングポジションを5900ドルのストップロスで持つべきだ。

ETH/USD

イーサリアムにはこれといったトレンドが見られない。現在の水準で売り気配はないが、トレンドが転換するまで新しい資金も流入しないだろう。価格、移動平均線、RSI(相対力指数)ともに全てフラットだ。

ETH/USD

(引用元:TradingView

ETH/USDが188.35ドルと249.93ドルの狭いレンジを抜けたら、最初のトレンド転換のサインになるだろう。上振れるのか、下振れるのか見極める必要がある。

ロングポジションを持つ前に、249.93ドルを超えた上昇を待った方が良い。また188.35ドルで強い買いが見られたら、積極絵t気にポジションを持っても良いだろう。それまでは静観すべきだ。

XRP/USD

リップルは、移動平均線の上でサポートを探し始めており、ポジティブなサインだ。移動平均線は引き続き下落傾向にあり、RSI(相対力指数)はポジティブな領域にある。短期的には強気派が優勢なようだ。

XRP/USD

(引用元:TradingView

もし0.565ドルを超えることに成功したら、0.625ドルが最初のターゲットになる。そこで部分的に利益確定を出しても良いだろう。もしこの水準を超えたら、次は0.7644ドルまで上昇するかもしれない。

一方、もしXRP/USD が移動平均線を下回ったら、我々の強気な観測は無効になる。0.42646ドル、さらには0.37185ドルまで下落するかもしれない。その場合は、ストップロスを0.45ドルと高めに設定した方が良い。

BCH/USD

ビットコインキャッシュは、直近のレジスタンスである660.0753ドルに跳ね返された。20日間EMA(青色)と500ドルの間で力強いサポートがあるだろう。直近の上昇に対するフィボナッチ・リトレースメントの61.8%値だ。

現在の水準からの反発により、660.0753ドルに再び挑戦する展開になる。そこを突破したら新たなトレンドが始まる。一方、失敗したら、408.0182ドル〜660.0753ドルのレンジに留まることになるだろう。

BCH/USD

(引用元:TradingView

我々の予想に反して、BCH/USは500ドルを下回ったら、勢いを失うだろう。下降局面における次のサポートは、460ドルだ。そしてもしそこを下回れば、 最近の上昇分が吐き出され、410.2768ドルまで下がるかもしれない。それゆえ、部分的にロングポジションを残しているトレーダーは、約480ドルのストップロスを維持した方が良い。

EOS/USD

EOSは、過去3日間、レンジ相場の中間点付近で取引をしていいる。二つの移動平均線が横ばいになり、お互いが近い状態だ。RSI(相対力指数)は50に近く、需要と供給が拮抗している。

EOS/USD

(引用元:TradingView

EOS/USDが5ドルと6ドルの間にとどまる限り、新たなトレード機会を見つけられない。この狭いレンジを抜ければ、6.8299ドルまで上昇する可能性が高まる。

一方、5ドルを下回れば次のサポートは4.49ドルで、その下は3.8723ドルがみえてくる。それゆえ、ロングポジションを持つトレーダーは、4.9ドルにストップロスをおいても良い。

 

コインテレグラフのLINE@アカウントが誕生!
毎日のまとめニュースの他、注目動画コンテンツの配信を予定しております。
こちらからご登録お願いします!