8月22日:主要仮想通貨のテクニカル価格分析!昨日のビットコイン急騰は買いに繋がるか?

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いします。市場データはHitBTCから提供されています。

 21日午前1時(世界標準時)、ビットコイン価格は急騰し、直上のレジスタンスである6617.5ドルを上抜けた。1時間後には6888.32ドルの高値をつけた。

 これは仮想通貨取引所ビットメックスのメンテナンス時間と重なる。6617.5ドルはショートポジションのストップのトリガーになり、 高値になった可能性がある。しかし、これでトレンドが変化したと考えるのは早計だ。

 ウィンクルボス兄弟は仮想通貨コモディティの自主規制団体「バーチャル・コモディティ・アソシエーション」を立ち上げた。メンバーである取引所運営の4社は9月に会合を開き、協会のルールやガイドラインを定める計画だ。

 米国証券取引委員会(SEC)は22日、投資会社プロシェアーズとディレクシオン、グラナイトシェアーズから申請されていた計9つのビットコインETFを拒否した。トレーダーに良い取引機会は見られるか?チャートをチェックしよう。

BTC/USD

 21日、ビットコインは6000ドルで買い支えられた。これはポジティブなサインだ。今日、直上のレジスタンスである6617.5ドルを上抜けた。6888.32ドルに届き、前回6750ドルで買いを推奨したレベルに達した形だ。しかし、高いレベルでこの価格は維持されることはなかった。

BTC/USD

 クリティカルサポートである6617.5ドルまで価格は下がった。BTC/USDペアは数日間レンジ内取引が続く可能性がある。弱気筋は向こう数日間、5900〜6000ドルのサポートゾーンを下抜けさせようとするだろう。

 上昇局面では、6617.5ドルに注意する必要がある。下降トライアングルのダウントレンドライン、水平のレジスタンスと20日EMAに当たるからだ。このレベル上を維持できた場合、50日SMAを上抜ける動きに繋がるだろう。

 トレーダーはストップロスを5900ドルにしてロングを保持することを勧める。残りの50%のポジションは7000ドルを上抜けた時に追加しよう。

ETH/USD

 イーサリアムはダウントレンドにある。両移動平均線も下降している。20日EMAのラインに戻ることさえ難しい状況だ。これは弱気のサインだ。

ETH/USD

 サポートゾーンの249.93〜269.78ドルを下抜ければ、ETH/USDペアは200ドルまで下落する可能性がある。

 上昇局面では、20日EMAを上抜けた時、358ドルまでラリーするかもしれない。このラインは強いレジスタンスとして機能する。このペアは50日SMAを5月24日以来上抜けていない。それゆえ、このラインを上抜けた時がトレンドの転換だ。トレーダーはロングを建てるのは、まだ早いだろう。

XRP/USD

 リップルのプルバックは20日EMAのレジスタンスに直面した。この移動平均線を上抜けられずにいる。このレベルを超えれば、次はダウントレンドライン2と、その上では50日SMAで売り圧力があるだろう。

XRP/USD

 50日SMAを超えれば、XRP/USDペアは0.5ドルに上昇し、そこで再びダウントレンドライン1のレジスタンスに直面するだろう。下降局面では0.31ドルレベルを下抜けたら、0.27255ドルへ下落し、0.24508ドルを試す動きになっていくかもしれない。買いのステップがあらわるまでまだ待とう。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュは15日以降、500ドルと20日EMAの間で取引されている。500ドルを下抜けたら、473.9060ドルを試す動きになるだろう。

BCH/USD

 一方で、20日EMAを上抜けたら、ダウントレンドラインへのラリーもありえる。このダウントレンドライン上を数日間維持できたら、ポジティブな見方をして良くなるだろう。それまではポジションを建てるのは待とう。

EOS/USD

 イオスはダウントレンドラインを上抜けたが、20日EMAを上抜けることはできなかった。価格は再びダウントレンドラインを下抜けた。下降局面では、サポートゾーンは3.8723〜4.1778ドルになる。

EOS/USD

 EOS/USDペアは50日SMAを6月10日以来上抜けていない。これは強いレジスタンスになっている。このラインを上抜けたら、9ドル、11.6ドルへのラリーも可能性がある。前回の買いの推奨はキャンセルされた。ロングを建てるまで、価格が50日SMAを超えるのを待とう。

XLM/USD

 ステラは、長期サポートラインの0.184ドルを維持しようとしている。5日以来0.25ドルを超えていない。

XLM/USD

 XLM/USDペアはこのレンジで値固めし、上昇する傾向にある。現在このステップを形成している最中だ。0.25ドルを超えれば、ラリーの可能性が高まる。それゆえ、15日に提案した買いのステップを維持する。0.184ドルを下抜けた時はこの提案は無効になる。

LTC/USD

 ライトコインは10日以来、49.318〜62.319ドルの狭いレンジにある。両移動平均線は下降しており、弱気が優勢となっている。 

LTC/USD

 このレンジを上抜けた時はダウントレンドラインへのラリーになるだろう。これは50日SMAのすぐ上だ。このレベルは強いレジスタンスになると予想する。トレンド転換の最初のサインは、このダウントレンドライン上を維持した時になる。

 このレンジを下抜けた時は、40ドルまで下落する可能性がある。ライトコインは今年は強いダウントレンドにある。ロングを建てるのはまだ待つとしよう。

ADA/USD

 カルダノは直上のレジスタンスの0.111843ドルを超えられずにいる。過去8日間0.083192〜0.112598ドルのレンジに留まっている。

 

ADA/USD

 もし20日EMAと0.111843ドルを上抜ければ、ダウントレンドラインへのラリーもありえる。そこで強いレジスタンスに直面するだろう。0.15ドル上を維持できれば、トレンドの転換になる可能性がある。下降局面では ADA/USDペアは0.083192ドル、さらに0.078ドルへの下落も可能性がある。ポジションの構築はまだ待とう。

XMR/USD

 過去5日間、モネロは20日EMA付近で取引されている。これはポジティブなサインだ。直上のレジスタンスを上抜ければ、50日SMAへのラリーもありえる。

XMR/USD

 モネロは91ドルを下抜けた場合、76.074ドルを試す動きになっていくだろう。トレンドはネガティブに留まるが、50日SMAは水平で、数日間レンジバウンドの動きになるかもしれない。ダウントレンドラインの120ドルを上抜けた時に、ポジティブな見方をしても良い。現在はまだ良いポジション構築の機会は見当たらない。

IOTA/USD

 アイオータは5日間、4628〜0.5750ドルのタイトなレンジ内にいる。20日EMAはこのレンジのすぐ上にある。

IOTA/USD

 20日EMAを上抜ければ、50日SMAへのラリーに繋がるだろう。それは0.85ドル付近にあり、そこで短期トレードのチャンスがあるかもしれない。

 トレーダーは、IOTA/USDペアが終値を0.58ドル上でつけた時に、ストップを0.46ドルに置いてポジションを建てても良いかもしれない。0.82〜0.85ドルのレンジで利確しよう。0.9150ドルで強いレジスタンスに直面すると予測する。0.4628ドルを下抜けた時は、14日安値の0.4037ドルへ下落する可能性がある。