8月15日:ビットコインなど仮想通貨10種のテクニカル分析!

 ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いします。市場データはHitBTCから提供されています。

 仮想通貨投資家がさらなる損失を恐れいかなる機会にも売りに出すため、市場はパニックになった。通常、このような売りはボトムを形成して終わる。現在のセンチメントは昨年12月の状況と真逆だ。

 価格のピークでは、仮想通貨は下落せず、たとえそうなっても迅速に回復するとの確信があった。それゆえ、唯一の合理的な選択は、高くても買うことだった。さもなければ、機会を逃すからだ。

 今日、仮想通貨で儲けることを望んでいる新しいトレーダーのほとんどは、損失を被っていることだろう。最高価格への上昇は忘れ去られてしまったことだ。多くの人は仮想通貨はまともにプルバックするステージにはないと考えている。現在、さらなる損失や仮想通貨の完全なる崩壊の恐怖がここに加わっている。

 我々は、ロングポジションを建てる時はいつも、ストップロスを置いて資金を守ることを勧める。分析が間違っていたことが証明されたとしても、それには執着しないことだ。トレーダーは、チャートを読み、新しい意見を形成し、信頼できるステップを見つけた時に次のトレードを開始するべきだ。今日のチャートを見てみよう。

BTC/USD

 ビットコインは14日、5910.65ドルを下抜けたが、5900.06ドルでサポートを見つけた。5900ドルを割ることはなかった。このレベルでは買い支えがあることの証明で、これは上昇のサインだ。

BTC/USD

 現在の反発の試みは、6527.77〜6617.5ドルのゾーンでレジスタンスに直面するだろう。このゾーンをクロスしたら、弱気筋がダウントレンドラインを移動平均線を守ろうとすると予測するが、リスクに対するリターンの割合は良好で、ロングを建てるには良い機会だろう。

 なぜみんなが悲観的な時に買うのか?

 2月以降、6000ドルを下抜けそうになったのは4会あったが、1度も実現していない。このサポートで価格は上昇するのだ。下降トライアングルのダウントレンドラインと50日SMAを上抜ければ、ショートカバーが入る可能性があり、価格は8500ドル以上に上がるかもしれない。それゆえ、BTC/USDペアが6650ドル上を維持したらロングを構築するのを勧める。ストップロスは5900ドルすぐ下にしよう。通常のポジションの50%のサイズに留めた方が良いだろう。残りのポジションは50日SMA上へスケールした時に建てよう。リスクに対する利益は魅力的に見え、6000ドルレベル上で買うのを勧める。もしこの予想が間違っていたら、ストップはヒットし、ポジションは閉じることになるだろう。

ETH/USD

 過去数カ月間の良いパフォーマンスを示したあと、イーサリアムは数日間激しい下落に見合われた。クリティカルサポートの400ドルを7日に下抜けた後、さらに激しい売りが起こった。

ETH/USD

 14日、ETH/USDペアは需要なサポートの280ドルを下抜け、日中安値は249.93ドルを記録した。現在、反発は良好で、このままいくと20日EMAと358ドルでレジスタンスに直面するかもしれない。下降局面では、249.93ドルを下抜ければ、次のサポートの200ドルまで落ちる可能性がある。RSIは売られすぎを示しているが、売りがおさまるのを待ってから買いのステップに入った方が良さそうだ。

XRP/USD

 リップルは主要仮想通貨の中でも1月4日高音の3.317ドルから90%以上下落という低パフォーマンスを示している。

XRP/USD

 XRP/USDペアは過去数日間で0.24001ドルになると予測し、14日安値は0.24508ドルだった。RSIは売られすぎを示している。これはプルバックの可能性がある。上昇局面の最初のレジスタンスは20日EMAになるだろう。買いのステップは価格が安定してからにしよう。

BCH/USD

 ビットコイン・キャッシュは、13日の売りの圧力から逃れられず、537.8221ドルのサポートを昨年11月8日以降初めて下抜けた。8月14日の安値は473.9060ドルにまでなった。

BCH/USD

 このレベルから反発は537.8221ドルでレジスタンスに直面するだろう。前回の強いサポートが今回はレジスタンスになる。もしBCH/USDペアが473.9060ドルを下抜けたら、次のサポートの400ドルまで下落するだろう。

 一方で、強気筋が価格を538ドルへ押し上げたら、市場は低いレベルを拒否したことの証にアなり、20日EMAへのプルバックも可能性もありえる。ポジションはもう少し見極めてからにしよう。

EOS/USD

 イオスは13日、日中安値の4.1778ドルへ下落した時、3.8723ドル付近のクリティカルラインでサポートにぶつかった。この下のサポートは3ドルだ。

EOS/USD

 EOS/USDペアは6月10日以降、50日SMAを上抜けられておらず、弱気が優勢になっている。それゆえ、50日SMA上を3日間維持できたら、トレンドの転換を意味する。

 RSIは深く売られすぎを示し、プルバックの可能性を上げている。20日EMAは、現在のレベルからのいかなる上昇に対しても強いレジスタンスとなるだろう。ポジションの構築はまだ待とう。

XLM/USD

 ステラはクリティカルサポートの0.184ドルを維持している。これはポジティブなサインで、このレベルで需要があることを示している。

XLM/USD

 XLM/USDペアは5日以降、0.184〜0.25ドルのレンジ内で取引されている。このレンジを上抜ければ、ダウントレンドラインの0.32ドルまで価格が上がっていくだろう。それゆえ、0.25ドルを4時間維持できたら、ロングを建てることを勧める。ストップロスは0.18ドルだ。弱気なセンチメントがあるので、最初のポジションを通常の50%のサイズにした方が良い。0.18ドルを下抜けた時なこの強気の予想は無効になる。

LTC/USD

 サポートゾーンの48〜52ドルで価格が保たれると予想した。14日、ライトコインは日中安値の49.466ドルまで下落し、そこで買い支えにあった。

LTC/USD

 LTC/USDペアは7日以降売られすぎの状態にある。しかし、意味のある程度のプルバックはまだ起こっていない。これは弱気筋が売り続けていることを意味している。現在のプルバックの試みは20日EMAでレジスタンスに直面するだろう。買いが戻るまでポジションを建てるのは待とう。

ADA/USD

 カルダノは13日、0.111843ドルのサポートを下抜けた。そして日中安値は0.083192ドルを記録し、それは予期したサポートの0.078215ドルレベルのわずかに上となる。

ADA/USD

 0.13ドルと0.111843ドルを保てなかったのは、弱気が優勢なことを示している。ダウントレンドライン2の上を保てなかった場合は、ネガティブな方に弾みがつくだろう。ADA/BTCペアは0.13ドル上を維持できた時にトレンド転換となるだろう。0.15ドル上でロングの構築の機会があるかもしれない。

XMR/USD

 モネロの絶え間ない売りの圧力は、14日に日中安値76.074ドルを記録するまでになった。これは予想したサポートゾーンの78〜82ドルの少し下になる。76ドルで価格が維持されなかった場合、次のサポートは60ドルとはるか下になる。

XMR/USD

 現在、反発の動きは100ドルレベルでレジスタンスに直面するだろう。20日EMAはこのレベルの少し上になる106.69ドルとなっている。XMR/USDペアは、ダウントレンドラインをクリアした。ポジション構築まで動きを見守ろう。

IOTA/USD

 心理的節目の0.5ドルは維持されると予想したが、IOTAは0.4037ドルになり、下降局面のターゲットである0.38ドルに近づいた。このレベルを下抜けたら、0.3350ドルまで下落する可能性がある。

IOTA/USD

  IOTA/USDペアはダウントレンドにあり、RSIは深く売られすぎの領域にある。移動平均線は下降し、20日EMAは強いレジスタンスとして機能するだろう。底を見つけるまでポジションの構築は勧めない。