仮想通貨ビットコイン(BTC) リップル(XRP)価格分析【コインテレグラフ定番チャート分析10月2日】

BTC/USD ビットコイン

仮想通貨ビットコインはこの二日間、狭いレンジの中で値固めしている状態だ。移動平均線は平坦に、RSIもニュートラルになっている。

だがこのレンジ内での動きも長くは続かないだろう。頭上のレジスタンス地点を抜けることができなければ、売りを呼ぶことになる。

BTC/USD

ここから下方にブレークダウンしトレンド線の下で推移する展開が続けば、ビットコインは72万2205円(6341ドル)まで下落する恐れがある。これを割ると重要なサポート圏となる67万1964円~69万1924円(5900~6075ドル)に向かうだろう。

上値は77万8151円が重要なレジスタンス地点だ。ここを上抜けできれば84万4340円まで上がるだろう。

ここから二日以内に大きく値動きすることを想定。ロングポジションを保有しているトレーダーは、ストップロス注文を67万1968円において様子見していよう。

ETH/USD イーサリアム

仮想通貨イーサリアムはこれまでの七日間、20日間指数平滑移動平均線近くで推移している。移動平均線もRSIもフラットな状態だ。2万2780~2万8473円(200~250ドル)で値固めしているかたちだ。

ETH/USD

2万8473円(250ドル)と50日間標準移動平均線を上抜けすれば買いが優勢となり、3万4165円~3万6735円(300~322.57ドル)まで上昇するだろう。

下値は2万1865円~2万2774円がメド。このサポート圏を割ると、これまでの底値を試す展開もありえる。今週、方向感がでてくるものと見る。

XRP/USD リップル

仮想通貨リップルは48.4円~71.2円(0.425–0.625ドル)で値固めしている状態だ。30日にこのレンジを突き抜けようとしたが失敗した。だが66.4円を割っておらず「買い」サインが点灯した。

XRP/USD

現在は頭上のレジスタンスから反落している状態。20日間指数平滑移動平均線が強固なサポート線となっているが、ここを割ると48.5円まで下げる可能性が出てくる。

上値は71.2円(0.6ドル)超えで勢いを得るだろう。移動平均線は上向きRSIも「買われすぎ圏」に近づきつつあるので、ストップロス注文を47.8円においてロングポジションを維持していよう。

BCH/USD ビットコインキャッシュ

仮想通貨ビットコインキャッシュはこの二日間、50日間標準移動平均線より上で推移しているものの、しっかりとした反発を見せていない。サポート線である移動平均線を割ると、最近の底値を試す展開となるだろう。

BCH/USD

6万8343ドル超えでトレンド転換となる。その際、7万5186円と10万0230円が重要なポイントとなる。

この4日間下降チャネルと移動平均線を上回って推移する展開となっているので、ストップロス注文を400ドルにおいてロングポジションをキープしていよう。