4月17日仮想通貨チャート分析:ビットコイン、イーサ、ビットコインキャッシュ、リップル、ステラ、ライトコイン、カルダノ、NEO、EOS

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されたものです。

 仮想通貨は底を打ったのか?それとも短期的な上昇から再び下降を続けるのか?トレーダーはどっちつかずの状況に、困っていることだろう。底固めをしたか否かは後になってわかることだ。しかし分析は、様々なツールを使用しながらそれを前もって確認しようとする。

 パンテラ・キャピタル・マネジメントというヘッジファンドがそのような分析を与えている。ダン・モアヘッドCEOは、ビットコインは6500ドルで底を打ったと主張する。さて、我々はこの分析を真剣に受け止めるべきだろうか。

 昨年12月、モアヘッドCEOは、ビットコインが50%下落するのもあり得ると予想した。そして、それがまさに起こった。彼は頻繁に予測を発表するような人物ではない。 そんな彼が、ビットコインが年末までに2万ドルへ上昇すると予測した。

 トップの仮想通貨が回復すると予想したのは彼の他にもいる。ファンドストラット社の トム・リー氏は年末までにビットコインは2万5000ドルになるとの予測している。投資家のティム・ドレイパー氏は22年までにビットコインが2万5000ドルになると言った。デジタル通貨への投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、ドレイパー氏の予測を支持した。


BTC/USD

 前回の分析では、ビットコインは50日SMAでレジスタンスに直面すると予測し、その状況になった。過去2日間、仮想通貨は価格は50日SMAを超えられずにいる。本日、仮想通貨の価格は下落している。

 

ビットコイン・アメリカドル(BTC/USD)のチャート

 20日EMAが全ての下落に対しサポートになるだろう。両移動平均線は水平になっている。これはトレンドが変わるのではなく、短期間のレンジ形成を意味している。レンジのサポートは6757.26ドルになるだろう。レジスタンスはまだ確定していない。なぜなら、50日SMAを上抜ければ、BTC/USD通貨ペアは9400ドルレベルへの上昇が起こり得るからだ。

 もし6700ドルを下抜けた時は、我々の予想は無効になる。この条件では、2月6日安値の6075.04ドルの再現もありえる。トレーダーはロングポジションとストップロスを6700ドルで保持し続けよう。  

ETH/USD

 イーサリアムは50日SMAへ向かって上昇すると予測した。しかし、価格は537.56ドルから下降した。現在は20日EMAへ向かって回復しており、その下は418.79ドルだ。

 

イーサリアム・アメリカドル(ETH/USD)のチャート

 どちらのレベルで維持しても、ETH/USD通貨ペアは50日SMAへ向かって上昇するだろう。トレーダーはストップロスを355ドル以下にし、強気でいて良い。20日EMAは上昇している。これはレンジバンドの動きか、新しい上昇トレンドの開始を意味している。向こう数日以内によりはっきりとするだろう。

BCH/USD

 前回の分析では、779ドルでビットコインキャッシュのロングポジションを勧めた。過去4日間、狭いレンジに入っている。もし778.2021ドルレベルで維持するなら、レンジバンドの動きになるだろう。

 

ビットコインキャッシュ・アメリカドル(BCH/USD)のチャート

 BCH/USD通貨ペアが765ドルの20日EMAを超えたら、50日SMAの945ドルへの上昇もあり得る。50日SMAは前回は主要なレジスタンスとはならなかった。1114ドルレベルへ上昇すると予想する。

 強気予想は619.7510ドルを下回ったら無効になる。ストップロスは610ドルを提案する。

XRP/USD

 リップルは50日SMAを突破するのに苦戦している。再び0.56270ドルへ下落もありえそうだ。もし弱気が優勢になれば、今月1日安値の0.45351ドルへ下降する可能性もある。

 

リップル・アメリカドル(XRP/USD)のチャート

 買いが優勢になり0.56270ドルレベルを維持できれば、トレーダーはストップロスを0.45ドルに置いてロングを構築しても良い。最初のターゲット目標は0.7ドル、次は0.83ドルだ。

XLM/USD

 ステラは15日下降チャネルの上に抜け、終値をつけた。買い推奨条件は満たされた。

 

ステラ・アメリカドル(XML/USD)のチャート

 XLM/USD通貨ペアは今年初めてチャネルを上抜けた。50日SMAも突破している。これは低いレベルで強気が増してきていることを意味する。移動平均線は強気のクロスオーバーに近く、これもポジティブなサインだ。

 ステラはチャネルの上抜けレベルで再び試すだろう。そのレベルを維持できれば、最初のターゲットは0.36ドル、次は0.47ドルが見えてくる。またチャネル内に戻るようなことがあれば、弱気のサインだ。終値(UTC)が0.18ドルを下回ったらポジションを閉じよう。

LTC/USD

 ライトコインはダウントレンドライン1を上抜け、水平のレジスタンスである141.026ドルを突破できずにいる。

 

ステラ・アメリカドル(LTC/USD)のチャート

 過去4日間、LTC/USDペアは頭上のレジスタンス付近で狭いレンジでの動きが続いている。もし141.026ドルを上に突破すれば、ダウントレンドライン2のレジスタンスに直面するだろう。現在のレベルから下落することがあれば、向こう数日間はレンジバウンドの取引が続くだろう。リスクを取るだけの見返りがなさそうなので、ダウントレンドライン2を上回るまで助言は控える。

ADA/BTC

 カルダノのロングポジションを勧め、それは現在0.0000323へ向かって動いている。一部利確して良いレベルだ。残りのポジションはストップロスを維持しつつ、0.000035へ上昇するのを待とう。

 

カルダノ・アメリカドル(ADA/USD)のチャート

 14日に0.00002460でブレークアウトレベルを試し、それに続く上昇は強気のサインだ。20日EMAと50日SMAは強気のクロスオーバーを達成した。それゆえ、ADA/BTCペアはストップを0.000021から0.000023に変更しよう。

NEO/USD

 ネオのロングポジションの勧めは、14日に64ドルを超えた時に有効になった。88ドルへの急上昇もありえるが、過去4日間は64ドル上を維持するのに苦戦している。

 

ネオ・アメリカドル(NEO/USD)のチャート

 上昇局面では50日SMAはレジスタンスとなる。それを越えれば、NEO/USDペアは下降チャネルのダウントレンドラインへ向かって上昇するだろう。下降局面では、20日EMAは強力なサポートとして機能する。このレベルを維持できなかった時は、44.16ドルを再び試す動きとなるだろう。ストップロスを44ドルでポジションを維持しよう。クリティカルレベルを下回ったら、早めに手仕舞いしよう。

EOS/USD

 助言通りに動いたトレーダーは7.5ドルでロングを構築したことだろう。9.5どるで一部を利確するように勧めたが、価格はこのレベルには達しなかった。現在は7.28ドルの上抜けレベルを再び試す動きが起こりそうだ。

イオス・アメリカドル(EOS/USD)のチャート

 移動平均線は強気のクロスオーバーを達成し、強気が優勢になってきている。20日EMAは主要サポートの7.28ドルすぐ下にある。このレベルからは強力な上昇があると予測する。これはターゲット目標の11ドルへ向かうだろう。

 20日EMAと50日SMAのサポートを下回った時は、ストップがヒットする前にポジションを閉じても良いかもしれない。その間、トレーダーはストップロスを5.5ドルで維持しよう。