5月15日 仮想通貨チャート分析:ビットコイン イーサ ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ IOTA EOS

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されています。

 ビットコイン先物を昨年12月に開始したシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は、イーサリアムをトラッキングする2つの指標を発表した。同取引所は新たな商品を追加する計画を否定しているが、イーサリアム先物が将来追加されるかもしれないという噂が流れている。

 ソフトウェア開発のKxシステムズもまた、ホワイトラベルのFX取引プラットフォームで仮想通貨取引を開始した。ナスダックもこの流れに遅れをとっていない。新しい仮想通貨取引所DXはナスダックのテクノロジーを取り入れる計画だ。

 機関投資家がこの業界に参入する準備もできている。小口投資家は仮想通貨を買うべきか、それともホールドすべきか?機関投資家は、はじめ市場価格を押し下げるかもしれない。その後低いレベルで買いが起こり、そこから価格が上昇するだろう。それゆえ、小口投資家は一度に買いに走るべきではないだろう。チャートをチェックして見よう!

BTC/USD

 過去3日、ビットコインは50日SMAのサポート付近にいる。買い手が7900〜8400ドルのサポートゾーンを死守している。もしこのサポートを割れば、7000ドルまで下落する可能性がある。

 サポートゾーンを維持できた場合、ビットコインは7900〜1万ドルのレンジ相場になるだろう。

BTC/USD

 50日SMAは過去数日間、20日EMAは一週間ほど水平になっている。これはBTC/USDが調整局面に入ったことを意味する。このレンジのレジスタンスは1万ドルだが、サポートは不明瞭だ。おそらく7900ドル、もしくは6700ドルになるだろう。取引の提案は、もう少し様子をみてからにしよう。

ETH/USD

 イーサリアムは20日EMAを下抜けし、14日に強い買いが起こった。結果、直上のレジスタンスである745ドル付近まで価格が戻った。

ETH/USD

 現在、ETH/USDペアは強気に見える。700ドルレベルを維持しているからだ。この上昇は745ドルの上抜けを再び試すかもしれない。アグレッシブなトレーダーは極短期的に750ドル上でロングを建てても良いだろう。その時は近くにストップロスをおこう。ターゲットは838ドルだ。しかし、これはとてもリスクの高い取引なので、通常のポジションサイズの30%までとしておこう。

 下降局面では、637ドル、600ドル、570ドルにある50日SMAが強力なサポートとなる。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュは、12日安値から急激に反発している。しかし、20日EMA上と小さなダウントレンドラインを維持するのに苦戦している。

BCH/USD

 BCH/USDペアは、極短期的にヘッドアンドショルダーを形成するかもしれない。それは1270ドルレベルを下抜けたあたりで完成する。この弱気は650ドルまで下落するパターンもあるが、まっすぐに下落していくことはない。1221ドル、次に50日SMAの1100ドル、最後に800ドルにに強力なサポートがあるからだ。

 ヘッドアンドショルダーのネックラインが下抜けず、1520ドルを上抜けた場合、ビットコインキャッシュは1800ドルまで反発する可能性がある。トレーダーは、ダウントレンドライン上で終値をつけるのを待ってからトレードしよう。

XRP/USD

 リップルは11日、50日SMAを下抜けた。しかし12日には0.632ドルレベルで強いサポートを見つけた。現在、50日SMA上まで反発している。

XRP/USD

 上昇局面では、0.76ドルで強いレジスタンスに直面するだろう。20日EMAはこのレベルのちょうど上にあり、これもレジスタンスとして作用する。両レベルのレジスタンスを上抜ければ、XRP/USDペアはポジティブだ。0.9377ドルへの上昇もありえる。

 もし、直上のレジスタンスを上抜けられない場合は、0.56〜0.58ドルへ下落する可能性がある。

XLM/USD

 ステラは12日、50日SMAから上昇したが、20日EMAのレジスタンスに直面した。このレジスタンスを上抜けられたら、0.45ドルへ上昇するかもしれない。

XLM/USD

 XLM/USDペアが移動平均線から下落し、0.334ドルレベルでサポートを見つけられた場合、これはポジティブな兆候で数日以内に20日EMAを上抜けることができるかもしれない。

 しかし、50日SMAを下抜けたら、ヘッドアンドショルダーを形成する可能性がある。その場合、0.20ドルレベルまで下落するだろう。それゆえ、トレーダーは買いがで始めたのを見てから、ロングを建てよう。

LTC/USD

 ライトコインは11日、50日SMAと水平サポートを下抜けた。しかし、12日には反発した。現在は141ドル上を維持しようとしている。これは良い兆候だ。

LTC/USD

 LTC/USDペアのどんな上向きな動きも167〜173ドルレベルでレジスタンスに直面するだろう。50日SMAはまだ上向かず、20日EMAも下に向いている。それゆえ、ダウントレンドラインを上抜けることはできないと予想する。

 下降局面では、132.163ドルレベルを下抜けたら、115ドルまで下落するかもしれない。それゆえ買いのステップはまだない。

ADA/BTC

 カルダノは12日、2番目のストップロスを下抜けたが、50日SMAがサポートになった。上昇の動きは20日EMA付近でレジスタンスにあうだろう。現在、価格は再びトレンドラインのサポートに向け下落している。

ADA/BTC

 ADA/BTCペアがトレンドラインのサポートを下抜けた場合、0.000025レベルへの下落もありえる。そこで強力なサポートを見つけるだろう。もしトレンドラインで維持できれば、カルダノは0.00003445レベルへの上昇を試みるだろう。現在は信頼できる買いのステップがみつけられないため、取引の提案はしないでおく。

IOTA/USD

 IOTAは現在、20日EMAと50日SMAの間にある。買い手が水平サポートの1.63ドルを強固に守り、売り手が20日EMAを守っている。

IOTA/USD

 IOTA/USDペアが20日EMAと直上のレジスタンスである2.2117ドルを上抜けたら、ポジティブなサインだ。しかし、2.6977ドルに小さなレジスタンスがある。世界標準時で2.2117ドルで終値をつけたらこのレジスタンスを突破できるだろう。ロングを構築するのはそれからにしよう。

EOS/USD

 12日、イオスは61.8%のフィボナッチリトレースメントと下降チャネルのボトムトレンドラインから上昇した。過去3日間、15.1390ドルレベルでレジスタンスに直面している。

EOS/USD

 上昇局面では、EOS/USDペアは20日EMAと下降チャネルのトップトレンドラインでレジスタンスに直面するだろう。チャネルを上抜け終値をつけた場合、強気のサインだ。12日安値にストップロスを置いてポジションを建てるのも良いだろう。

 もし、直上のレジスタンスへの反発が起きなかった場合、50日SMAまで再び下落するかもしれない。12.4810ドル下を維持する動きは売りを招くだろう。

  • フォローはこちら: