仮想通貨取引所バイナンスUS、明日トレード開始へ 新たに5つの通貨サポートを発表

 

仮想通貨取引所バイナンスUSは、トレーディングを25日に開始する。また、新たに仮想通貨ステラ(XLM)、カルダノ(ADA)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、0X(ZRX)の入金を始めた。

新たに追加された仮想通貨は、入金のみ可能で、出金はトレーディング開始まで行われない。

バイナンスUSは18日に立ち上がった。これまで対象通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、テザー(USDT)とバイナンスコイン(BNB)の7種。

トレーディングが開始されるのは、日本時間9月25日の22時だ。

バイナンスUSは、米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に認可されたバム・トレーディング・サービシーズと提携。規制遵守を目指している。

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンスUS18日に立ち上げも NYなど13州で取引できず

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版