仮想通貨取引所バイナンス、2カ月以内に独自ステーブルコインを発行へ

仮想通貨取引所バイナンスが2カ月以内に独自のステーブルコインを発行する。5日付のブルームバーグが発表した

バイナンスのウェイ・ジョウCFOが、数週間~1、2ヵ月の間に独自のステーブルコイン「バイナンスGBP」を発行すると話した。「バイナンスGBP」は、英国のポンドと100%連動する。この他、米ドル以外の他の通貨に連動するステーブルコインも発表する予定だという。

ジョウCFOは、「世界の一部しか米ドルを使っていない。他の利用者は他の通貨を使っており、我々はステーブルコインにもそうした状況が反映されるべきと考えている」と発言した。

また独自ステーブルコインを発行することで、現在バイナンスのステーブルコイン取引量の50%以上を占めるテザー(USDT)のシェアが下がることが見込んでいる。

既報の通り、中国の規制されていない仮想通貨取引所が、ステーブルコインであるテザー(USDT)の取引量の6割以上を占めているという調査が発表された。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版