バックト、9月6日から資金受け入れ開始 ビットコイン先物開始に向け

現物受け渡しのビットコイン先物取引開始を予定しているバックトの顧客は、9月6日からバックト・ウェアハウスに資金を預けることができる。

既報の通り、バックトのビットコイン先物は、9月23日開始を予定している。それに先駆けてバックトは9月6日から顧客に対してビットコインを安全に保管するためのサービスを開始すると発表した

バックトを手がけるインターコンチネンタル取引所は、ニューヨーク証券取引所の親会社でもある。バックト・ウェアハウスは、ニューヨーク証券取引所と同じ水準のセキュリティを誇るという。

バックトのビットコイン先物は、投資家が先物の指定受渡日に現物であるビットコインを受け取る「現物受け渡し」であり、現金で受け取る米シカゴ先物市場(CME)などとは異なる。

バックトのビットコイン先物は、一部のアナリストからはビットコインETF(投資信託)よりマーケットに与える影響が大きいと見られている。

【関連記事:SECのビットコインETF延期は悲観しなくてよい?ファンドストラットのトム・リー氏に単独インタビュー

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版