豪クイーンズランド州、仮想通貨スタートアップの観光事業に資金供与

 オーストラリアのクイーンズランド州政府は1日、仮想通貨のスタートアップ企業に予算830万豪ドル(6億8000万円)のイノベーション基金のうち10万豪ドルを供与したと発表した。

 トラベルバイビット社は、旅行・観光業向けデジタル通貨決済プラットフォームを提供している。クイーンズランド州にある企業支援を目的にしたイノベーション基金が割り当てられた70社のうちの1社だ。

 トラベルバイビット社の目標は、仮想通貨が利用できる旅行の選択肢を提供したり、雇用を創出したりしつつ、同州への旅行客を増加することだ。同州政府のケイト・ジョーンズ大臣は以下のように話した。

「トラベルバイビットは、地場企業による仮想通貨決済を受け入れが増加に伴い、ビジターがの決済を簡単にする賢い方法を考案した。同社はグレートバリアリーフ沿いのバンダバーグのような場所をターゲットにしていると理解している。旅行者が簡単に休日の予約をできるようにしている」

 トラベルビットバイのカレブ・イオCEOは、世界初の仮想通貨フレンドリー空港をローンチするためにブリスベン航空と提携したと説明し、すでにブロックチェーンに基づいてポイントシステムを実装していると話した。同CEOによると、旅行者はビットコイン、ライトコイン、ダッシュ、イーサリアム、ネムで支払いができ、間も無くこれにバイナンスコインが追加される予定だ。

 現在、同社のシステムにアカウントを持っている豪州の企業は150社ほどという。