ファクトム ニュース

ファクトム(FCT)は、分散型で非中央集権のプラットフォーム内で使用するための仮想通貨だ。同プラットフォームは、暗号化された情報で構成されるブロックを持つブロックチェーンをベースとしている。ファクトムのプラットフォームは、2つの目的のために15年にローンチした。ブロックチェーンのブロックサイズの拡大と、コンピューティングパワーの促進の2つだ。わずか1MBの容量しか持たない古典的なブロックに比べて、ブロックのサイズは無制限だ。ファクトムは、情報のエクストラレイヤーを作り出すサイドチェーンを活用することで、これを実現した。サイドチェーンの鍵となる機能は、ベーシックブロックを追加するハッシュを生成することだ。ファクトムチームは、おなじみのブロックチェーンと一連の便利なオプションとを組み合わせることに成功した。それは、改ざんされる恐れなしに、無制限の量のデータを格納することができる。一般的なドキュメントに加え、あるゆる種類のアプリケーションまたはスクリプトをネットワークに格納することができる。