プレスリリース
Own this piece of crypto history

Collect this article as NFT

Verasityのプルーフ・オブ・ビュー(Proof of View / PoV:閲覧証明)特許がアップデートされた。これにはNFTの追加要求など非広告データのパラメータの追加や、技術面における構造的なアップデートも含まれる。この変更により、プルーフ・オブ・ビューによるフラウド検知機能の範囲が広がるだけでなく、Eスポーツファイトクラブ(Esports Fight Club)の視聴者のユーザーエクスペリエンスの拡大にもつながる。

Veracityの特許に関する最新のアップデート事項は、特許原文献としてその全文がUS 2021/0194693 A1に掲載されている。2021年6月24日に公開されたこの15ページの特許原文献ではプルーフ・オブ・ビューの検証システムが詳述されており、この特許によってVerasityのPCT国際出願が世界中で最新の状態へと更新される。

Verasityがプルーフ・オブ・ビューを開発したのは、いくつかの問題に対処するためだ。

ひとつは検知についてで、現在の標準ではコンテンツが配信された後に解析が行われ、多くの場合このタイミングは広告キャンペーンの終了時となる。Verasityの技術ではアドフラウドを発生時に検知することができる。Verasityは200のタッチポイントとAIを活用し、オーディエンスの行動に基づいて、ボットと人間のどちらが広告やコンテンツを見ているかを非常に高精度かつリアルタイムで判断する。アドフラウドをすぐに検知し排除するため、配信後のフラウド分析を待ったり、パブリッシャーに返金を求めたりする必要がなくなる。この最初のステップでは匿名のフィンガープリンティングを利用していることも特徴のひとつだ。

また、プルーフ・オブ・ビューシステムは、悪質なユーザーが視聴回数や視聴者数を不正に操作しようとする行為を防ぐためにも有効だ。コンテンツビューの評価フェーズでは、コンテンツの視聴時に収集された複数のメトリクスを確認することができる。

閲覧の真正性が確認されたら、2つ目の問題である「有効な広告の会計処理」を解決する必要がある。この段階では視聴数を評価し、統計情報をVeracity独自のAIに入力して最終的なスコアを算出する。Verasityの技術では、プルーフ・オブ・ビューで検証されたビューのみがカウントされる高度な手法を用いている。検証されたビューは、匿名化されたデータを含む一般にアクセス可能なデータベースに追加され、ブロックチェーンに記録される。

プルーフ・オブ・ビューがターゲットにしているのは、広告が悪用されているブランドやスポンサーであり、PoV自体はリワードシステムの一部ではない。リワードシステムは、エンゲージメントを高めるためにユーザーを対象としているが、プルーフ・オブ・ビューはブランドをターゲットにして、詐欺行為を減らすことを目指している。

プルーフ・オブ・ビューはまた、NFTの作成、移動、修正、保存、そして破壊に至るまで、その存続期間を通して透明性を持つ不変の記録を作成することで、今日のNFTの課題を解決することができる。Veracityの特許出願は、見過ごされがちな方法や、まだ一般的ではない方法も含めて、NFTの作成・操作方法をすべて網羅している。これは、進化するアセットクラスをカバーする先進的な考え方だ。

プルーフ・オブ・ビュー特許の拡張には、幅広いNFTコンテンツの種類、デジタル著作権管理を含むNFT技術の応用が含まれている(例として開示されたNFTコンテンツは、例えば、所有権、入場許可、優先権、著作者の権利および/またはその他の適切な権利を含んでいる)。

さらに、特許原文献に記載されているように、既存のNFTをプルーフ・オブ・ビュー対応のNFTに変換し、フラウド防止のためのソリューションに無限の拡張性をもたらすことができる。これはまさに世界初のソリューションだ。

今回の公開は米国におけるVeracityの特許の正当性をさらに高めるものであり、Veracityが世界的に特許を拡大していく際にも役立つことが期待される。

Verasityについて

Verasity.ioはEスポーツやビデオエンターテイメントにおけるプロトコルおよび製品レイヤープラットフォームである。Verasityのミッションは、あらゆる映像プラットフォーム上で映像制作者のエンゲージメントと広告収益を大幅に向上させることである。Verasity製品には、YouTubeやTwitch、Vimeoやその他大手映像プラットフォーム向けにSDKに統合された専有的な広告スタックやVRAリワードシステムなどがある。Verasityの特許技術「プルーフオブビュー」はプロトコルレイヤー技術で、オンラインでのアドフラウドやNFTの不正などを取り締まり、透明性と不変性を提供する。

Verasityhttps://verasity.io

Verasityロードマップはこちら

📈 CoinMarketCapでVRA(ティッカー)の取引状況をチェック

年利25.55%でVRAのステーキングを実施できます。詳しくはhttps://verawallet.tvをご覧ください。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー