EOコインセール開始、4層プラットフォーム・エコシステムへの道のりが始まる

 EOコインの公式のプレイニシャルセールが16日に始まり、仮想通貨投資家と法定通貨投資家の両方を熱狂させた。この4層プラットフォーム・エコシステムは、世界有数のブランドであるエキスパートオプション(ExpertOption)の立役者が構築した、法定通貨及び仮想通貨投資のための取引ヘイブンだ。コインセールは、公式ウェブサイトで行われる予定だ。

 今年初めに同エコシステムが発表され、投資の世界は沸き立った。より大規模で信頼性の高い仮想通貨取引が、仮想通貨・法定通貨両方の投資プロダクトのエコシステム全体にサポートされて実現することが見込まれるからだ。

 エキスパートオプションは、成功を収め受賞歴もある取引プラットフォームを運営し、100を超えるアセットを提供している。チームの経験を活用し、ウォレットであるEOファイナンス、仮想通貨取引所であるEOトレード、ポータルであるEOニュース、そしてエキスパートオプション上のトークンベースのアカウントを加えて、ブロックチェーンに拡張しようとしている。プラットフォームはすべてEOコインによって支えられ、ワンセットの認証情報でアクセス可能となる予定だ。

 「仮想通貨取引は従来のオンライン取引の水準に急速に近づいているが、ほとんどの場合、このふたつは隔てられたままだ」とイワン・オプリヤCEOは語った。「このエコシステムで、投資家は最初から最後までEOプロダクトを使用して手続きを完了することができるようになる。これにより、一層迅速でスムーズかつ低コストの体験が保証されることになる」

 このプロジェクトの規模は大きな将来性を示しており、次の大きな投資となる可能性が十分にある。ほとんどの仮想通貨関連の新興プロダクトとは異なり、EOは、マーケットでその能力を証明済みの信頼できる既存のブランドに支えられている。取引プラットフォームとしてエキスパートオプションは、オンライン取引しか提供していなかったが、EOエコシステムは、大幅な拡大に投資家が加わる機会を提供することになる。

 「過去数年で、700万人以上のトレーダーを得てきた。次のステップに進む中で、トレーダーと投資家にこのプロジェクトに参加してもらうのはすばらしい機会だと考えている」と、カスタマーケア責任者のドミトリー・ニキティン氏は話した。「プロダクトにEOコインを使うことで恩恵を受けられるだけでなく、エコシステムの発展に投資して報酬を得ることもできる」

 イニシャル・コイン・オファリング(ICO)はオンラインクラウドファンディングの一種で、投資家は低価格でコインを購入し、プロダクトがリリースされるとコインを活用する。EOコインの保有者は、同社のプラットフォームすべてでコインをディスカウントに使用することができ、トークンベースのアカウントを開設して100以上のアセットのデリバティブ取引を即座に行うことができる予定だ。

 同社はプライベート・プリセールで500万ドル(約5億3600万円)以上を調達しており、コインセール中にさらに多くの資金を調達する見通しだ。投資家は、同サイトにに登録し期間中セールに参加することでこの機会を活用することができる。

テレグラム

ミディアム

ビットコイントーク



企業名: EO Group

企業サイト: eo.trade

メール: help@eo.trade