プレスリリース

ナカモトは、通貨に不可欠な要素として分散化の概念を導入した。そして一部に権力が集中するのを避けるため、グローバルなビルダー、マイナー、エバンジェリスト(仮想通貨ファン)によるコミュニティが準備し、努力し、仮想通貨に付加価値を付けてきた。過去の企業とは異なり、コミュニティは、ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム [1] のビジョン-権限を持つ人々が、信頼ではなく、透明性、アカウンタビリティ、不変性の原則に基づく堅牢な価値を交換するというビジョン-に向け、新しい金融革命を推進している。つまりこれは、企業とコミュニティが一体となって変化を起こし、変化を推進し、共同で変化を創造するということである。

コミュニティはビジョンを目指して協力しなければならない。現在の金融革命の中心にあるのは、今もピア・ツー・ピアのデジタル通貨システムのビジョンだ。しかし、コミュニティはすでにピア・ツー・ピアの最終ラインを越え、今はオープンファイナンスという新しいビジョンに向かって進んでいる。このビジョンは、ピア・ツー・ピアを可能にするだけでなく、世代を超えた富、つまりステークプログラムや流動性プール、および/またはオラクルのインセンティブを通じた富の構築を実現するものである。これは、金融や投資のアドバイスではなく、コミュニティが通貨に価値を与えるように、分散型金融がコミュニティに価値を与えているということだ。


Standardでは、次世代のステーブルコインを構築している。当社のステーブルコインは担保されているため、価格の変動や、従来型の決済システムに関連する高額な銀行手数料、外国為替手数料、クロスボーダー手数料を恐れることなく、ピア・ツー・ピアの仮想通貨での支払いを可能にする。またコミュニティによるトークンのステーキングへの参加、流動性プールの提供、オラクルとしてのブロックの承認、ガバナンスへの参加を実現するつもりだ。当社は、私たちが未来の新たなマイルストーンを迎えるときに、コミュニティと共同で構築し、進化を通じて一緒に成長し、一体となってコミュニティを育てていきたいと考えている。

しかし今は、当社が構築し、準備している。コンピュータの前で集中し、熱望し、決意している。徹底的な構築を続ける中で、当社のビジョン、Community Collectiveにあなたもぜひ参加してほしいと考えている。

1.BUILD

当社のビジョンを信じる開発者であれば、Builder Collectiveに参加いただきたい。当社プロジェクトはオープンソースであり、良いコードを書くことを約束する。

2.STAKE

ステーカー、ファーマーまたはバリデーターなら、Staker Collectiveにぜひ参加いただきたい。当社は価格の安定性と合成資産の流動性のバランスという点でブリーディングエッジであり、当社のエコシステムで大きな役割を担ってもらいたいと考えている。

3.EVANGELIZE

そして、コミュニティの構築に不可欠なエバンジェリストである。Evangelist Collectiveに参加して、当社についてぜひ話題にしてもらいたい。50の拍手マークを送る、当社の固定ツイートをリツイートする、友人をグローバルコミュニティに誘うなど方法は様々だ。


そして、次世代のステーブルコインだけでなく、当社がコミュニティ、人類、そして地球の一部として富を得るための価値を形成する上で、あなたを歓迎し、高い評価と感謝の意を表したい。

Standard Protocolについて

Standard Protocolは、Polkadotのエコシステムの中で運用される、合成資産向けとなる初の担保付リベース許容型ステーブルコイン(Collateralized Rebasable Stablecoin、CRS)プロトコル。Polkadot Web3 foundationの助成金を獲得した最初かつ唯一の韓国のプロジェクトであり、グローバルコミュニティをさらに成長させることを目標として活動している。

Standard Protocolについての詳細はこちら:

Telegram (コミュニティ) | Telegram (アナウンス) | Twitter | Discord | Clubhouse  
公式ホームぺージ  | ホワイトペーパー


[1] Satoshi Nakamoto, Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System, 2008, https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー