プレスリリース

モノのインターネット(IoT)デバイスとブロックチェーンテクノロジーを組み合わせた世界初のコネクタであるSKEYネットワークは、本日、スタートアップや個人、企業を対象とした世界最大の仮想ベースのコンペティション「SKEYネットワークチャレンジ」を開始した。 これは、モノのブロックチェーン(BoT)製品および技術の採用を促進することを目的としている。 

SKEYネットワークはまた、独自のブロックチェーンの立ち上げに合わせて、賞金総額100万米ドルのSKEYトークンを提供し、10人の受賞者に分配する。賞金基金は一連の助成金に分けられ、コンテストの段階ごとに授与され、10人の上位入賞者と、総合的に最も優れたプロジェクトに対してCEOが授与する特別賞が用意されている。また、受賞者は、本コンテストの一環として製造された製品の所有権をすべて保持することができる。審査員は、世界のIoT、スマートシティ、ブロックチェーンの世界で活躍する著名人で構成されている。 

このコンペティションは、未来のスマートシティを支えるSKEYブロックチェーン上に構築された革新的なアイデア、コンセプト、プロトタイプの触媒となり、開発者のインセンティブを高め、ブロックチェーン上でスマートシティソリューションを作成するためのより多くのイノベーションをサポートすることを目的としている。応募者は、既製の製品、サービス、アプリ、または実現したいコンセプトを提出することができる。アプリケーションの応募期間は2021年12月1日12:00(CET)から2022年1月7日23.59(CET)まで。総合優勝者は2022年5月に発表される。

カテゴリは下記の通りだ。

・スマートシティ
・シェアリングエコノミー
・ORACLE
・セキュリティ
・DeFi 
・NFT

SKEYネットワークはOracle、BoT、DeFiテクノロジーを組み合わせて、SmartNFTと呼ばれる独自のアクセスキーを作成する。 これにより、自動車やマンションなどの物理的資産や、スマートバイクなどのシェアリングエコノミー資産へのアクセスをブロックチェーンで管理できるようになる。競合他社は、将来のスマートシティのあらゆる側面に注目し、それを可能にする製品を設計するよう求められている。

SKEYネットワークのCEO兼共同創設者であるSzymon Fiedorowiczは次のように述べた。

「私たちのブロックチェーンを作るという決断は、まさに実用性と、未来のスマートシティを実現するためにすべてのIoTおよびBoTデバイスのための普遍的な通信規格を作るという私たちのビジョンのためだった。SKEYチャレンジは、この分野でのイノベーションを促進し、世界中から寄せられた最大かつ最高のアイデアに報いるための手段。これは、スマートシティの将来のユースケースを支えるための当社のコミットメントの一環であり、今後競合他社が何を生み出すかを見るのが待ち遠しい。」

詳しい条件と参加登録については https://challenge.skey.network/ をご確認ください。

賞金:
1位-150,000.00USDTがSkeyトークンで支払われます。
2位-100.000.00  USDTがSkeyトークンで支払われます。

準優勝8件 - 各プロジェクトごとに75,000.00 USDTがSkeyトークンで支払われます。
CEO特別賞 - 50,000.00 USDTがSkeyトークンで支払われます。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー