プレスリリース

クアントスワップは、誕生して間もない機能だ。その本質は、コイン建て契約取引やUSDT建て契約取引といった従来のデリバティブの取引過程における、取引手数料消耗、資本活用、取引体験などの問題を解決する革新的な契約取引方式である。デリバティブ取引界を牽引するBitgetは、今年4月に世界で初めて革新的なクアントスワップをリリースした。

クアントスワップとは、証拠金取引や多通貨取引において、1種類の証拠金通貨で2つ以上のコインの契約取引を行える機能だ。 注目すべき点は、コイン建ての契約取引が当該通貨の取引にしか使用できないという従来の取引方法を変えたことだ。 1つの通貨を複数の通貨ペアの証拠金として同時に使用することができ、トークンスワップなどの操作を必要としない。

これにより、トレーダーの業務効率は向上し、スワップが必要ないことでトレーダーの取引手数料の節約につながる。 例えば、あるトレーダーがBTCを保有しており、近い将来ETHが上がると判断したとする。トレーダーは契約取引をする間もBTCを保有し続けたいと考えている。そうすると、本来のコイン建て契約取引であればBTCのスワップをし、ポジションを閉じた後にBTCに交換し直す必要があり、取引手数料が発生する。

クアントスワップの利点は、従来のコイン建ての契約取引と比較すると容易に理解できる。 第一に、取引プロセスにおいて、ユーザーの操作は非常にシンプルで、証拠金交換プロセスで発生する取引手数料が必要ない。第二に、決済において、口座内の既存のコインを証拠金として使用して損益の決済を行うことができ、ユーザーは最終的に希望のコインを手に入れることができる。第三に、契約取引を行いながら、は証拠金の価値上昇による利益を同時に享受することが可能だ。第4に、クアントスワップは、アカウントパススルー機能に対応しており、特定のコインを使用することで、複数のコイン建てペアを同時に取引することができ、ヘッジ、エクイティシェアリング、リスクシェアリングが可能だ。 

革新的なクアントスワップをリリースしたBitgetのメリットは?

上の図を見ると、Coinan、Firecoin、OKexなどの主要な取引所にはクアントスワップがないことが分かる。 この問題を解決するために、Binanceは先にハイブリッドマージンを使うことを提案したが、これはクアントスワップと比較して資本使用率を大幅に下げる。例えば、ユーザーがBTCを使用して他の契約を取引する必要がある場合、質権という形でコインを借りる必要があり、利用率が低いだけでなく、毎日の利払いが必要となる。 また、市場が好調なときも、ユーザーはBTC上昇による付加的なメリットを享受することができない。

それに対して、Bitgetのクアントスワップは、より先進的でユーザーフレンドリーなものとなっている。コインの本来の機能を維持しつつ、複数の取引ペアの証拠金として使える通貨として、BTCや他の証拠金を追加した。損益計算は、証拠金通貨で決定され、ユーザーが自由に選択することが可能だ。 同時に、計算にはリアルタイムの為替レートを使用しており、誓約書の提出も不要で、利息もつかないため、ユーザーは最大限に証拠金を利用することが可能だ。

現在、Bitgetはクアントスワップの取引ペアにおいて、BTC、ETH、XRP、EOSなどの主流コインを証拠金としてサポートしている。 これにより、ユーザーは取引戦略やリアルタイム相場に応じて、より柔軟にポジションを保有することができ、マルチコインペアはポジションを建てることでより多くの収益を得るだけでなく、ヘッジを実現し、極端な相場の際の資本リスクを軽減することが可能だ。 このような観点から、Bitgetクアントスワップは、OKexの単一通貨フルポジションモデルよりも優れていると言える。

特筆すべきは、Bitgetが歴史的に製品の革新性において業界の最先端を走ってきたことだ。 2019年7月には、Bitgetが正式にUSDTネイティブ契約取引を開始し、フォワードとリバースの両方のデュアル契約を持つ世界初のプラットフォームとなった。2020年5月には、革新的なコピートレード機能がAPPに組み込まれ、世界中の8,000人以上のトップトレーダーがトレードを行うようになった。 今年は、ユーザーのペインポイントを突いた世界初の革新的なクアントスワップにより、効率的で利便性の高い革新的な契約商品を生み出すことに再び成功した。

この点について、Bitgetの担当者は、「当社のチームは、金融とイノベーションのDNAを融合させています。イノベーションとは、やみくもにトレンドを追いかけることではなく、常にユーザーの本質的なニーズを把握し、取引上のペインポイントをつかむことです」と述べている。Bitgetは取引プラットフォームとして、取引製品を提供するだけでなく、製品をより強力なツールの価値で強化し、より簡単に取引できるようにしたいと考えている。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー