Brave Sound Tokenプラットフォームが実現する「音楽業界+ブロックチェーン」による新しいビジネスモデル

Brave Sound Tokenとは?

音楽著作権の分野でコンテンツ著作権におけるブロックチェーン技術の応用について期待値が高まっている。Brave Sound Tokenプロジェクトが行っているのはまさにブロックチェーン+音楽著作権の組み合わせだ。

音楽を購入する場合、音楽プラットフォームを通じて行い、Apple MusicやAmazon Musicは月額制を導入している。言い換えれば、ユーザーはプラットフォームの会員権を購入し、プラットフォームから提供された曲を聴いている。

韓国の有名音楽プロデューサーであり、長年の経験を持つカン・ドンチョル氏は、このサービスモデルには多くの欠点があると考えている。第三者の仲介者が存在している為、消費者支払い額は増加しているが、音楽制作者の収入は減少している。この問題についてカン・ドンチョル氏は解決策を探し続けていた。その解決策としてブロックチェーンとトークン経済を用いた新たなサービスモデルに辿り着いた。

この考えを実現する為に、カン・ドンチョル氏はBrave Sound Tokenプロジェクトを作り上げた。ブロックチェーン技術による音楽サービス、そしてトークンを併用して著作権問題を解決し、音楽創作者とファンを直接結びつけようとしている。

<トークン詳細>

通貨名称:Brave Sound Token(ブレイブサウンド・トークン)

通貨記号:BRST

発行主体:Sound Blockchain Technology

開発団体:Blockchain technology Malaysia

発行上限:21,600,000,000枚

販売時期:プレセール 2018年11月~12月 / パブリックセール 2019年1月3日~3月31日

多彩なプロジェクトメンバー

Brave Sound Tokenプロジェクトには大きな影響力を持つメンバーが揃っている。プロジェクトの展開をよりスムーズに、そして有利に進められることが期待できる。

2017年に第26回ソウルソング世界協力賞を受賞した韓国の人気アーティストである、Samuel氏もBrave Sound Tokenのチームメンバーである。

プロジェクトの創設者であるカン・ドンチョル氏は日本でも人気があり、「Big Bang」、「4 Minute」、「AOA」、「Sistar」、「Teen Top」、「T-ARA」、「After School」、「Brave Girls」などの作品はすべて彼の手によることから、彼は「韓国の秋元康」としても知られている。

さらに音楽業界だけでなく、ブロックチェーン業界においても影響力があるRoger Ver氏がアドバイザーとして参加しており注目のチームメンバーとなっている。

Brave Soundは何を解決するのか?

既存の音楽配信と宣伝は基本中央集権型のプラットフォームによるものだ。音楽創作者は再生回数に応じて報酬を受け取る。中央集権的である為、データは不透明であり、音楽創作者は再生数を正確に知ることができず、プラットフォームがどのように利益を分配しているかもわからない。分散型プラットフォームとしてBrave Sound Tokenはデータの真実性を保証し、スマートコントラクト技術により、利益分配を自動的に実行することができる。このシステムにより音楽創作者はプラットフォーム側との揉め事を回避することを実現した。

トークンを使用することにより、多くの個人投資家は自身の好きなアイドルに経済的支援が可能になる。さらに「株主」になることにより報酬をいただく事ができる。既存の音楽業界における膨大な宣伝費と中間価格の差を減らし、ユーザーと音楽創作者には利益が増すようになる。

現在は大量の無料音楽がユーザーに提供されていて、これは著作権侵害に繋っている。著作権がブロックチェーンに記録されている場合は、著作権の侵害をすぐに見つけることが可能だ。

多くの場合、支払い決済の制限のために、音楽販売は国内市場にしか行えないが、トークンを用いることで「国境」による制限は無くなり、市場を広めることが実現できる。

つまり、Brave Sound Tokenプロジェクトはブロックチェーン技術を導入することにより、音楽業界を困らせ続けてきた著作権侵害、第三者プラットフォームによるコスト高、及び全世界に販売する国境の制限問題を解決する。 Brave Sound Tokenプラットフォームは、音楽創作者に直接的且つ公正な利益をもたらし、ユーザーは透明性の高い取引が行え、同時に購入から配信までの一体化サービスが提供される。

Blockchain +著作権の課題

ブロックチェーンと著作権の組み合わせは、改ざん不可能なタイムスタンプを作り、作者、コンテンツ、時間などの情報でハッシュを生成してブロックチェーンに記録することができる。ブロックチェーンの改ざん不可能な性質により、アップロードされたコンテンツと著作権の信憑性は保証されると同時に、著作権がブロックチェーンに記録されることから、著作権申請のコストと時間を省けく事ができる。しかし、ブロックチェーンにも欠点があり、ブロックチェーンは著作権の確認ができても、侵害の監視はできない。同時に、作者はいち早くブロックチェーンに著作権を登録する必要がある。もし悪意のあるユーザーが先に登録されてしまえば、逆に原作者の侵害になる。この意味で、ブロックチェーンは単なる著作権の記録であり、本物の著作権保護システムにはなっていないとも言えるだろう。これは、ブロックチェーンの取り組むべき課題であると同時に、Brave SoundTokenプロジェクトにとっても取り組むべき課題である。

まとめ

Brave Sound Tokenプラットフォームは、音楽業界とブロックチェーンを合わせ、そしてトークンを使用して新しいビジネスモデルを作成する。これにより、現在の音楽業界の多くの問題点を解決することができ、音楽創作者の利益を最大化すると同時にユーザーにも利益を分け合えることを可能とする革新的なプロジェクトであると言えるだろう。

音楽業界を変えるであろうBrave Sound Tokenプロジェクトへの期待が高まっている。

ホワイトペーパー

公式サイト

LINE@(お問い合わせ)*個別メッセージをご送付ください。

Twitter

Telegram