プレスリリース

流動性の提供とは、市場プロバイダーによる市場ユーザーのための市場取引の自由な流動性の作成として単に定義されることができる。これは、市場の継続性を確保するために売買が行われる、従来の典型的な市場に作られるある種の環境に関連していると言えるだろう。

一貫したユーザーがスムーズな市場の運営と流動性提供の継続的な供給フローを確保するための取引を追跡することが求められる仮想通貨市場にも似たようなコンセプトが適用できる。ブロックチェーンテクノロジーの出現以来、スマートコントラクトと言われるアプリケーションが分散型アプリケーションの展開、ブロックチェーンシステムの機能拡張において重要な役割を担っている。ブロックチェーンシステムアーキテクチャで実行されるスマートコントラクトは開放性と透明性、保証された実行、改ざん不能性、およびTTPへの依存がないことを特徴としており、最近発展の目覚ましいDefiプロジェクトのような様々な分散型アプリケーションシナリオの展開を実現している。

複雑な仲介業者の手続を経ることなく市場関係者同士でスムーズに仮想通貨資産を交換できるように作成された市場もあるため、流動性の提供の管理はBlack OceanのようなDefiプロジェクトにおいて重要な観点の一部である。取引は中央集権型(CEX)および分散型(DEX)の2つの大きなカテゴリーで行われており、いずれも生き残るためには流動性の提供が不可欠である。最近(2016年頃)から今までに参入した取引所は特に、参入当初はうまくやっていたが、流動性の提供を維持することができず、改善する間もなく立ち消えているところもある。仮想通貨業界全体から流動性の提供がなくなると、明るい未来があると予想されるにもかかわらず、この業界全体が失われてしまう可能性もある。

さらに、仲介業者は売り手と買い手を経時的に結び付け、タイムリーに要求を満たす資産の提供を可能にするため、流動性の供給において不可欠である。流動性提供者は売り手又は買い手として取引の両翼になり得る。またポジションメークと保有により、市場参加者のギャップを埋める。このようにして、文字通り資産のためにマーケットメークを行うことになる。

流動性提供者とは、プラットフォーム上での取引を円滑化し、預金口座においてパッシブインカムを得るために流動性提供者が所有する仮想資産を流動性プールに資金提供するユーザーである。

流動性プールはAMMベースのシステムを使用し、スリッページの少ない非流動的な取引ペアの取引を可能にする分散型取引所で利用される。このような取引所は、従来のオーダーブックベースの取引システムを使用する代わりにすべての取引ペアのすべての資産で保有される資金を使用し、取引の実行を可能にする。

オーダーブックベースの取引所での非流動的な取引ペアの取引が多くのスリッページや取引の実行不能に悩まされる一方で、流動性提供者の利点は、流動性プールに資金が十分ある限り取引を実行できることである。このような理由から、流動性提供者は取引のファシリテーターとなり、実現した取引に対し支払われる取引手数料を得る。

Black Oceanプロジェクトは、Defiプロジェクトの流動性の提供における既存の課題に対応するユニークな機能を提供し、かかる流動性の提供が非常に長い人気を得ている上に有効であることを保証する。

Black Oceanの一次的かつユニークな考え方は、大規模な資産の迅速な取引に対する市場の要求の増加を満たすことに基づいている。これにはオープンな市場でブローカーおよび期間投資家が価格を指定せずに多額の仮想通貨(> 100k$/5BTC)を素早く売買する機会を作ることも含まれる。このようにしてBlack Oceanは、企業や投資家のみに保管、融資、フィアットチャネルなどの多岐に渡るサービスを提供する。個人投資家はブローカーを通してBlack Oceanにアクセスするしかない。

Black Oceanには、ダークプール流動性プールの2種類のプーリングサービスが含まれる。


この段階で2種類のプーリングサービスについて簡単に説明することが重要であろう。

  • ダークプールは、市場からの影響や公開情報なく、流動性と大型注文(100k$/5BTC以上)の実行を提供する。
  • 流動性プールは、個人投資家層に基づく顧客自身のオーダーフローにおいて流動性、実行、オーダーブック(マーケットメーカーおよびリテールオーダーに限る)を提供する。

2種類のプーリングサービスの重要性についてより深く理解したい方は、ウェブサイト(bo.market)でBlack Oceanプロジェクトのホワイトペーパーを参照されたい。

さらに、Black Oceanの分散型プールのアイデアは、相手方のリスクや市場の影響を受けることなく大型取引を管理できる仮想通貨業界のDeFi分野からの「クジラ」や機関投資家に提供することであることを繰り返し述べておきたい。利用者はレバレッジ、資金調達、異なる種類のオーダー、指定取引に銘柄を追加する可能性のあるあらゆる種類の専門的ツールを利用できる。

Black Ocean:Fly トークン

FlyトークンはBlack Oceanプロジェクト独自のカスタムトークンであり、取引リベートの獲得、ネットワーク費用の負担、流動性の提供と資金作りにおいてさらなる利点を得る機会をトークン保有者に提供する役割を負う。FlyトークンはVRM関連プロジェクトからの割引とさらなる利点を得る機会として利用者に提供されるよう設計されている。FlyはイーサリアムのスマートコントラクトチェーンをベースにしたERC20トークンであるが、この会社は一部のトークン供給を異なるブロックチェーンネットワークに将来的に移動するオプションを取り消すことはない。

このトークンは、パートナー、利用者や従業員と会社の関係性をすべての範囲において管理するための主要な資産であり、VRMの重要な一部である。

最後にFlyトークンは、ターゲットオーディエンス、製品説明及びセキュリティなどのその他重要な一部における情報を提供してくれる。製品説明の他、3つのセグメントに区分化される。

  • 変化する市場の要求を満たすために力強い軸となる方法を設計することで実現されるスケーラビリティ
  • 重複コードのないアプリケーションニーズを満たすために作られた効率的にコード化されたソフトウェアとあわせて、長期のハードウェアの改良および言語の強化に基づき長期にわたって適用できるカスタム構築されたソフトウェア
  • アメリカ、韓国、中国の25年以上にわたって設計・構築された従来の証券取引所、HFTおよびアルゴリズムの取引プラットフォームが証明するソフトウェア開発方法の展開による競争性のある利点

ターゲットオーディエンスには、ウォレットユーザー、OTC販売者、銀行、HFトレーダー、取引所などが含まれていた。Black Oceanは、クライアントリスク管理の提供取引リスクの緩和、最終的には決済と保存を通じて利用者を保護することも模索する。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー