プレスリリース

デリバティブ取引所Bitget公式お知らせによると、近日ロシア語版公式オープンし、ロシア語取引およびオンラインサービスサポートを支持する。これは去年Bitgetグローバル化宣言以来、日韓,東南アジア市場に発足の続き大きな一歩、グローバル化更にスピードアップ。

先月、BitgetグローバルCEOサンドラ氏がCointelegraghのインタビューでこう述べていた:グローバル化はBitget下半期の重要な業務戦略。今回ロシア語版公式オープンについて、サンドラ氏は“Bitgetはロシアのアクティブユーザーが大量にいる。バックグラウンドのデータによるとロシアの新規ユーザーもかなり増えている。迅速にロシア語版をオープンするのが必要と我々は意識した”と言った。

世界暗号資産発展の中で、ロシアは避けられない重要な市場だ、ここからEthereum,Waves,BitFuryなど数々のトップ企業やプロジェクトが誕生した。RACIBのデータによると、ロシアは現在約200万暗号資産投資家いる、平均70人の中で一人は暗号資産投資家。健全な市場体系と膨大なユーザ数、これよりロシアも全世界主流取引所のグローバル化重要な一環となるのだ。

Bitgetはここ二年間最も注目されているデリバティブ取引所の一つである、2018年ローンチして以来、クリエイティブなプロダクトを依託し、業界リーダーの位置に立った。現在Bitget全世界で登録ユーザーが150万人超え、日本、韓国、マレーシア、トルコなど46の国と地域に行き渡った。CoinMarketCapのデータによると、Bitget現在日均取引量が常に業界トップ6に不動。去年七月で、BitgetはSNKによってリードされ、Anlan Capitalと共同出資による1,000万ドルの資金調達(シリーズB)を完了、現在評価額は10億ドルに到達した。

去年から、Bitgetは全面的にグローバル化戦略を立て、現在韓国、ベトナム、インド、マレーシアなどの国に分社を開設した。同時に、Bitgetはシンガポール、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどのライセンス認証を持っており、厳密な管理で運営している。今回ロシア語版公式オープンによってロシア市場により精密に参入、Bitgetは既に万全な準備をしてきた。

ゼロから一に新市場を開拓するのが、Bitgetにとって難しいことではなさそう。実際に、Bitgetは早期韓国市場開拓に巨大な成果を獲得した。僅か三ヶ月で当地200超えの業界KOLたちからの協力をもらい、取引量を屡々に新記録を達成。韓国分社CEO Inn氏が当地メディアBlockchianusのインタビューで、Bitget40%の増量は韓国市場が提供したと言及した。これを見ると、ロシアで韓国の成功経験をコピーできるではないか。

クリエイティブなプロジェクトが続々と登場するのはBitgetがデリバティブの競馬場で追い越しを実現できるカギである。昨年5月、Bitgetは世界初のコピー注文デリバティブをローンチしました。それによって、契約取引の初心者にとってハードルが高いという問題が効率的に解決できた。Bitgetの公式発表したデーターによると、現在、Bitgetはトップトレーダーが一万名以上参入している。一年にわたり、Bitgetは世界最大規模の暗号資産契約コピー注文のプラットフォームとなっている。“Want to earn at ease? Try copy trading at Bitget」もすでに契約業界でもっともホットなスローガンとなっていた。

今年4月、Bitgetは多通貨間取引支持のクアントスワップ契約をローンチし、再び業界でブームを巻き起こした。メリットはBTC、ETH、USDCを保証金としBTC/USD,ETH/USD,XRP/USDなど6の主流ペアのいずれで取引できる。強気相場になると、ユーザーはBTC、ETHを保証金にすることで、保証金高騰及び契約オーペンによる収益を獲得することができる。弱気相場になると、USDCを契約保証金にすることで、相場が下がる時に保証金切り下げのリスクを避けることもできる。

また、優れていたサービスもBitgetが素早くお客様の心を捉えるカギとなっていた。担当者の紹介によると、多言語サービスの企画の他に、ロシアユーザーがルーブルで暗号資産を購入できるよう、Bitgetは通貨ルートを多様化している。Sandraは「ロシア市場に楽観的な目をしている!ブロックチェーン技術が進んでいる中、暗号資産はもっと多くの人に受け入れられてき。Bitgetは最優なデリバティブとサービスをロシアユーザーにもたらすよう努める。」と述べた。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー