プレスリリース

デリバティブは、世界の金融市場において非常に重要な位置を占めています。 近年、分散化の大規模な発展とユーザー教育の深化に伴い、DefiデリバティブはDefiにとって最も有望な市場の1つと見なされています。したがって、分散型デリバティブが集中型取引所の立場を揺るがすかどうか、最近、以下のように考えてみました。

Coingeckoの統計によると、世界の上位7つのデリバティブ取引所は、Binance、OKex、Huobi、Bybit、FTX、Bitget、およびBitMEXです。このうち、Binanceの過去24時間の現物取引量は230億ドルですが、デリバティブ取引量は775億ドルです。即ち、デリバティブ取引量は現物取引量の3.37倍です。

DEX(分散型取引所)キャンプでは、Uniswap V2とV3の24時間取引量の合計は12億5000万ドル、Perpetual Protocolに代表される分散型デリバティブ取引所の24時間取引量は9600万ドルです。分散型の世界では、先物取引量は現物取引量のわずか14分の1です。

集中型取引所の取引量を当てはめると、分散型デリバティブの取引量も現物取引の4倍になるはずですが、そうであれば数十倍の成長の余地があるそうです。しかし、現在のデータに基づくと、分散型デリバティブ取引プラットフォームの事業開発はあまり良くありません。

分散型取引所には、透明性、トレーサビリティ、公平性、自律性という利点があることはわかっていますが、実効性、リスクと安全性、コストと流動性、匿名性などの問題もあります。分散型先物デリバティブは、市場で最も多くの種類のプロジェクトと最も多様なソリューションを備えたデリバティブトラックであり、製品モデルは永続契約に基づいています。

分散型デリバティブは現在、Perpetual Protocolで表されるAMM、dYdXで表されるオーダーブック、Synthetixで表される合成資産の3つのジャンルに大きく分けられています。

分析と比較した後、dYdXで表されるオーダーブックのジャンルは、現在の分散型デリバティブ・プロジェクトの主な問題をより適切に解決でき、オーダーブックの取引モードと取引機能は、デリバティブトレーダーの習慣とニーズにより一致していると思います。 dYdXには不十分な分散化といういくつかの欠点がありますが、それは実際に生存と開発に関わる問題だと思います。

分散型プロジェクトの目的は、まず、ユーザーの基本的な機能ニーズを満たすことであり、次に、より多くの協力機関と複数のタイプの参加者を導入してユーザーのエコシステムを改善し、徐々に分散化の目的を実現することであると思います。

取引所にとって、デリバティブ分野での競争は、eコマースの分野における生鮮食品のeコマースのようなものです。製品、技術、チャネルにさまざまな制限があるため、それらの問題を解決することが非常に難しい。 したがって、分散型デリバティブが短中期的に集中型取引所の立場を揺るがすことは難しいと思います。

レイヤー2の開発とさまざまな容量拡張方法の発展に伴い、分散型デリバティブの問題の一部が解決され、分散型デリバティブ取引所もレイヤー2の開発の最大の受益者になるため、長期的には、デリバティブはDefi分野で発展潜在力が非常に大きいと思います。

執筆者 Bitget CEO Sandra Lou


本記事で述べられている見解、考え、意見は筆者個人のものであり、コインテレグラフの見解や意見を必ずしも反映、代表するものではありません。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー