匿名仮想通貨ジーキャッシュのサポートを停止へ コインベースが英顧客向けで

米国最大の仮想通貨取引所コインベースは、英国の顧客向けに匿名通貨ジーキャッシュ(ZEC)のサポートを止める。

コインベースの英国の顧客がジーキャッシュを保有できなくなるのは、8月26日から。顧客向けに送られたEメールから明らかになった。米国やEUの顧客は通常通りジーキャッシュの保有を続けられる。

コインベースは英国の顧客に対して、ジーキャッシュを法定通貨に交換するか他の取引所に送らなければならないと警告した。もし8月26日までに顧客が対応しなければ、ジーキャッシュは英国のポンドに自動的に売却されることになるという。

ジーキャッシュを開発するエレクトリック・コイン・カンパニーは、「英国の他の取引所には影響がない」強調「ジーキャッシュは100%英国の規制を遵守している」と述べた。

コインベースだけ上場廃止措置に乗り出した理由は明らかになっていない。ただ、英国在住の著名仮想通貨トレーダーからは「規制当局からの要求ではなく、銀行業界からの要求だろう」という声が出ている

つい先日、英国の税務当局は脱税など不正取引の発見のため、仮想通貨取引所に顧客の氏名と取引履歴を提供するよう要求していた

【関連記事:英税務当局、脱税摘発のため仮想通貨取引所に顧客氏名と取引履歴を要求
【関連記事:匿名仮想通貨ジーキャッシュを上場させるメリット 金融庁にとってビットコインより大きい?来日中のトップが力説

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版