「仮想通貨でジハード(聖戦)を支援」世界初のクラウドファンディングサイトがダークウェブに出現か

イスラム教徒のジハード(聖戦)を仮想通貨で支援するためのクラウドファンディングサイドが世界で初めてダークウェブに出現したようだ。AMBクリプトが25日に報じた。テロ対策に神経をとがらせる仮想通貨業界にとって新たな悩みの種になるかもしれない。

このプラットフォームは、サダクアコインズ(SadauqaCoins)と呼ばれ、ムジャヒディーン(ジハードを遂行する者)がイスラムに敵対する勢力と戦うための武器を調達する資金を募っている。記事によると、「ダークウェブで匿名でムジャヒディーンを支援したい者達」は、ビットコイン(BTC)とモネロ(XMR)、イーサリアム(ETH)で資金援助することが可能。アラーが望むなら将来的により多くの仮想通貨を受け入れる」ということだ。

サダクアコインズのバナーの一説には次のように書かれているという。

 「あなたがどのくらい支払ったか、アラーは知っている」

AMBクリプトによれば、調達された資金で四輪駆動車、50口径のボルトアクションライフル、サイレンサー、カメラ、弾薬などが購入されていて、それぞれには値段と購入した理由が書かれているという。また、翻訳の仕事などサダクアコインズの運営費にも使われているそうだ。

参考記事

米捜査当局がダークウェブで潜入捜査:仮想通貨ディーラーを装い、犯罪者を逮捕
トランプ政権、仮想通貨の動きを監視中 サンダース報道官