トランプ政権、仮想通貨の動きを監視中 サンダース報道官

 米トランプ政権のサラ・サンダース報道官が30日、定例記者会見で記者からの問いに答え、ホワイトハウスが仮想通貨をめぐる動きについて監視していることを明らかにした。

 同報道官によると、ホワイトハウスで安全保障・対テロ対策を担当するトム・ボッサート大統領補佐官が先週会議において議題に出したという。

記者: 大統領は仮想通貨、特にビットコインの高騰など動きを追ったり何か見解を持っているか。大統領あるいは政権は仮想通貨が政府による規制が必要なものであると認識しているか。
サンダース報道官:我々のチームは動きをモニタリングしている。現時点で共有できる説明や声明はないが、またフォローアップの報告したい。これについては今週のミーティングで、安全保障チームのトム・ボッサート大統領補佐官が提起した。彼は動きを注視していると聞いている。更なる動きがあればお伝えする。

 この受け答えは多くを明らかにするものではないが、仮想通貨をめぐる動きが米政権の中枢で認識されていることを示す。

 トランプ大統領から仮想通貨についてのコメントを聞ける日も近いかもしれない。