バイナンスが取引再開も 利用者の不具合報告続く

 仮想通貨取引所バイナンスは27日、システムをアップグレードするために一時停止していた取引を再開した。仮想通貨取引所が取引を停止することは珍しくなく、今月にはビットフィネックスも一時サービスを停止していた。

 執筆時点でバイナンスは、取引高で世界第2位の仮想通貨取引所。26日に予定されていたシステムのアップグレードにより4時間ほどトレードや出入金ができなくなった後、リスク・マネジメント部門からの警告を理由に停止期間を延長していた。原因はまだ分かっていない。

 ソーシャルメディア上では、利用者から不具合の声が出続けているが、執筆時点でバイナンスは大きな問題の報告をしておらず、淡々と「バインアンスのシステムのアップグレードが完了」と述べた

 仮想通貨の取引所が、予期せぬ技術的な要因で停止することは珍しくない。今月にはビットフィネックスが、サイバー攻撃に対応するためとしてしばらくの間サービスを停止していた。