規制当局に認可された"初の"ステーブルコインを発行=ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所ジェミニ

起業家のウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所ジェミニが10日、米ドルと1対1の比率で連動するとされる独自のステーブルコインの発行をニューヨーク州の規制当局より承認されたと発表した。規制当局に認可される初のステーブルコインとされていて、価格の値動きが激しい仮想通貨に対して一石を投じるかが注目される。

このステーブルコインは、「ジェミニ・ドル」(Gemini dollar)(GUSD)と呼ばれていて、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)が認可した。イーサリアムネットワークを基盤にしていて、連動する米ドルは「米国の銀行で流通するもの」を使い、米ドルの残高が十分にあるのか「独立した機関で登録済みの上場監査法人」が毎月確かめるという。「ジェミニ・ドル」は、10日から利用開始になった。

またウィンクルボス兄弟は、「ジェミニ・ドル」の狙いについて、伝統的な銀行システムと仮想通貨のシステムのギャップを埋めることもあると主張。現状では仮想通貨が24時間365日取引が可能なのに対して、法廷時間は営業時間だけ取引可能であることを問題視していて、両者のつながりを改善することを掲げている。

ステーブルコインではテザー(USDT)が有名だが、本当に1ドルと裏付けできる十分な現金準備を保有しているのかが疑問視されていたり、昨年末のビットコイン価格急騰はテザーによる価格操作とする論文が発表されていた