なぜマイアミとUAEの不動産業界はビットコインを取り入れつつあるのか?

何年もの間、仮想通貨の界隈のうち、ビットコイン(BTC)のコミュニティーと専門家は、ビットコインの根本的な目的を討論してきた。すなわち、ビットコインはもっと貯蓄の手段として機能するべきなのか、あるいはビザ(VISA)のようにかなり低い手数料で小さな取引処理することができる仮想通貨システムとして機能するべきなのかということだ。

 

今のところ、ビットコインは貯蓄手段としても仮想通貨システムとしても適任である。ビットコインコア開発者チームの取引の柔軟性と規模拡張の解決策の統合は、ブロックチェーンネットワーク内のブロックチェーンの渋滞を減らし、ビットコインメモプール(承認されていない取引の待機場)のサイズとビットコインの平均サイズを減らした。これについては、ビットコイン取引の3%以下しかSegWit対応していないという事実もあるSegWitによる処理が50%以上に拡大されるにつれて、ビットコインの取引はより安価になるだろう。

 

その結果、より多くの商売人、投資家、ユーザーがビットコインを大きな取引にも小さい取引処理にも利用可能な金融、決済のシステムといて考慮し、利用し始めている。不動産業では、取引や支払いの大半は100万ドル規模である。しかし、数百万ドルの取引を処理すると、銀行は非常に高い手数料を要求してくる。その手数料は時に一つの取引で数千ドルにもなる。

 

いくつかの研究や論文で、オーストラリアやアメリカの銀行では10万ドルの取引に対して、4000ドルまで手数料が発生することがあると明らかにされた。もし、支払いが2300万ドルにまで昇ると、取引手数料は比例して1万ドルにもなり得る。

 

ビットコインであれば、そのような高い手数料は払わなくて済む。取引手数料は取引の大きさにもよるが、SedWit対応のウォレットであれば、100万ドルの取引を手数料10ドル以内で行うことができる。さらに重要なことは、もしビットコインのブロックチェーンネットワークの渋滞が解消し、メンプール(Memory pool)のサイズがより小さくなれば、支払い側はより少ない手数料で支払いを処理することができる。

 

不動産仲買業者にとって、ビットコインの利用は大きいスケールの取引容易にする処理を著しく楽にする。数百万ドルの規模の銀行の振り込みは、数千ドルかかり、処理するのに何週間も時には何ヵ月かかかるだけでなく、長い書類に記入させられたり、財政証明や本人確認など非効率な作業を要求される。

 

したがって、マイアミの不動産のプロのネットワークであるマスターブローカーフォーラムのメンバーであり、Brown Harris Steaves(ニューヨークの不動産会社)と提携しているステファン・バーク氏は以下のように書き記している。

 

不動産業のように、テクノロジーや多額の金額の電子取引に慣れ親しんでいる業界は、これから数年でビットコインに自然とフィットしていくように思える。私の意見では、ビットコインが主流になる前に、いくつかの規制が必要になるだろう。しかし、ビットコインの受け入れは早めに起こると思われる。この頃、世界の変化は非常に速い。