大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンス(Binance)は、ドメイン名「binance.com.au」を巡る係争で、「Binancé(ビナンセ)」という名前の豪州の花屋に負けてしまった。

6月17日、世界知的所有権機関(WIPO)は、バイナンスが4月に提出した異議申し立て却下した。WIPOは、被申立人(ビナンセ)が問題となっているドメイン名に対する権利または正当な利益を持たないとは言えないと判断した。

バイナンス側の申し立て

花屋のビナンセは、2019年10月27日にドメイン名を登録しているが、バイナンス側は2018年11月21日に豪州で商標登録をしたことを強調していた。

またビナンセの取締役であるナウォディッチ氏がデジタルマーケティング企業を運営し、「ブロックチェーン取引所のリサーチャー」も行っている点も、バイナンス側は指摘していた。

ただWIPOは、「デジタルマーケティングビジネスが花の配達ビジネスに多様化したいという理由について疑問を持つ人間がいるかもしれないが、その可能性を単純に却下することはできない」としている。

ちなみに現在、MetaMaskのブラウザ拡張機能は、Binance.com.auのサイトについて、フィッシング攻撃の可能性があるとの注意喚起を掲載している。