仮想通貨リップル(XRP)とは何か【コインテレグラフ解説記事】

ー基本情報ー

単位

XRP

考案者

ライアン・フガー(Ryan Fugger)

ホワイト・ペーパー

https://ripple.com/files/ripple_solutions_guide.pdf

仮想通貨リップル(XRP)とは

 

①リップル(XRP)を一言で

リップル(XRP)は、送金の利便性向上を目指す仮想通貨として知られている。

より速く、より安い国際間(クロスボーダー)での「お金」の移動を実現させることを最重要課題として掲げ、既存の国際送金システムに取って代わるようなシステムの構築を目指す。今やインターネットを通したグローバルで自由な「情報」の移動が当たり前となり、私たちは世界のどこにいてもリアルタイムでコミュニケ―ションを行うことができる。

一方、グローバルな「お金」の移動には、数日を必要とする上、高額な手数料が発生するなど多くの課題が存在する。

先進国をはじめとする国々では、電子マネーや電子バンクなど、「お金」は実態を持たずとも日々の消費活動に利用される機会が増えてきている。国内では便利になるお金事情だが、グローバルな「お金」の話になると、各国の制度的差異や伝統的権威の存在など、より便利なシステムへ移行するのは容易ではない。

リップルが挑戦するグローバルな領域は、硬直的な金融業界の中でもとりわけ改革が難しい。

しかしながら、リップルのプロジェクトにはすでに多数の金融機関が参加しており、その数は200を超える。日本からはSBIグループを筆頭に、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などの大手から地方銀行までもが名を連ねるなど、リップルの構想は具体性を帯びてきている段階だ。

*以下、通貨リップルは「XRP」、会社リップルは「リップル社」と表記する。

 

②リップルの誕生

仮想通貨リップル(XRP)の誕生

仮想通貨XRPの誕生は2013年11月。ビットコインが誕生した2009年から4年のギャップがあるが、リップルの構想自体は、2004年ライアン・フガー氏によって執筆された論文までさかのぼることができる。

彼の構想は、ビットコインのように単一のグローバル通貨を確立する事ではなく、「お金」の移動の不便さを解決することを目的としていた。現在の「お金」の移動に必要な第三者機関(銀行など)を介することなく、自由な「お金」の移動を可能にするためのインターネット上での通信方法(プロトコル)を提案したのだ。

これは、「価値のインターネット(IoV:Internet of Value)」の実践的な手法であったが、時期尚早であったせいか、発表当時は具体的な取組には発展しなかった。

後にリップル社が主導するこのライアン・フッガー氏の構想は、時を経てMt.Gox の創業者として知られるジェド・マケーレブが、ビットコインの登場で注目を浴びたブロックチェーン技術を応用した 「Consensus(コンセンサス)」 と呼ばれる仕組みを考案し、具体化への歩みを進める。

リップル開発者らによって2012年、現在のリップル社の前身オープンコイン社( OpenCoin, Inc.)が設立される。同社は、XRPの管理母体である 「リップル・コンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger:RCL)」を完成させ、翌2013年にXRPが配布された。

リップル・コンセンサス・レジャー(RCL)はビットコインでおなじみのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)と呼ばれる仕組みを採用せず、独自に開発・改良を重ねた「コンセンサス」を採用。これにより、ビットコインの弱点であったスケーラビリティや過度な消費電力といった問題を解決。ビットコインが一回の取引に10分を要していたのに対し、XRPは数秒で取引を完結させるなど最速クラスの決済スピードを提供することができる。

2015年、リップル社はブロックチェーンなど複数の台帳を接続する技術、インターレジャー・プロトコル(ILP)を開発。2017年には同技術がリップル・コンセンサス・レジャー(RCL)に組込まれたのを機に、リップル・コンセンサス・レジャー(RCL) は ӎ