WEFのブロックチェーン責任者シーラ・ウォレン氏 「ブロックチェーンは信頼危機の解決策」

世界経済フォーラム(WEF)でブロックチェーン・分散型技術(DLT)を統括するシーラ・ウォレン氏は5月31日、コインテレグラフのインタビューで「ブロックチェーンは世界で悪化する信頼危機の解決策になる」と主張した。

インタビューの中で、「特に米国の政府や銀行、メディア、制度に対する信頼は『急速に侵食される』」と危機感を述べ、ブロックチェーンがこうした問題を解決策になると指摘した。

この技術(ブロックチェーン)はあらゆる情報へのサードパーティによる監査を可能にします。そして、この監査によって、信頼を築くことができます

ウォレン氏は監査を可能にするシステムの実行は面倒ではあるものの、プロセスの公平性やメディアの信憑性を証明するという大きな利益をもたらすとした。

私は「パブリックトラストの侵食」が現在我々が直面する最大の危機の一つだと思っています。今世界は急速に無秩序かつ複雑になってきているからです。

WEFは5月初旬、ブロックチェーンアプリの標準化を目的として、100を超えるグローバルサプライチェーンや物流企業のリーダーと提携している

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版