フェイスブックの仮想通貨プロジェクト、VISAやマスターカード、ウーバーが出資か

VISAやマスターカード、ペイパル、ウーバーなど数多くの米有力企業がフェイスブック独自の仮想通貨プロジェクトを支援する。ウォール・ストリート・ジャーナルが関係者の話として報じた

フェイスブックは、今月中に正式に仮想通貨プロジェクトについて発表すると見込まれるている。上記の企業は、フェイスブックの仮想通貨を管理するコンソーシアムにそれぞれ約1000万ドル(約10億8000万円)出資。出資金は、政府発行通貨のバスケットと連動したコインの作成のために使われるという。

フェイスブックの仮想通貨をめぐっては様々な報道がなされており、メッセージアプリ上での送金だけでなくEコマースで売買にも使えるという見方も出ている。

またフェイスブックは、ビットコインなどの仮想通貨ほどではないが、外部と共同で仮想通貨をコントロールすることで完全な中央集権化を避けることを目指しているという。100のノード(ネットワークに参加するコンピューター)を立ち上げることを望んでいるそうだ。

【関連記事:フェイスブック、仮想通貨プロジェクトを今月後半に発表か 実店舗との連携も