ヴィタリック氏、グーグルから就職オファー ツイッターでフォロワーに意見求める

 グーグルは、イーサリアム(ETH)の共同創始者であるヴィタリック・ブテリン氏を採用しようと試みているようだ。20日に投稿されたといわれている、すでに削除されたブテリン氏によるツイートで明らかになった。

Twitter

 ブテリン氏は、現在は削除されているツイートで、グーグルで働くことが「現在または将来的にあなたの理にかなっているか」と尋ねるグーグルの採用担当者によるものと見られているメールのスクリーンショット画像と、グーグルに就職すべきかどうかについてツイッターコミュニティに意見を求めるアンケートを投稿した。

 最初の投稿で、ブテリン氏は採用担当者の名前、メールアドレス、プロフィール画像を伏せるのを怠っていた。削除されるまでにアンケートには2000件以上の回答が集まり、ブテリン氏がイーサリアムを去りグーグルに就職することについて大多数が「ノー」と否定的な回答をしていた。

 グーグルは3月末、「改ざん防止」監査システムとクラウドオペレーションプラットフォームという2つのブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいることを明らかにした。一方でグーグルは同月、仮想通貨関連の広告をすべて禁止する計画を発表している

 掲示板レディットのユーザーであるFuyuki_Wataruは、ブテリン氏のグーグルに関するツイートと投稿の削除について以下のようにコメントした

「(ブテリン氏は)自由に自分のやりたいことができる(…)正直に言って、たとえそれがグーグルのような企業であるとしても、彼には、ある企業に閉じ込めるべきでないほど大きな才能がある。この若さでこれほど大きなことを成し遂げたなら、あなたの人生にはもっと多くのプランがあると思う。ひょっとしたら1~2か月の楽しい休暇を取る方がましかもしれない」