ベトナム最大通信企業がブロックチェーン参入、業界リーダー目指す

ベトナム通信最大手ベトテル(軍通信)グループのイノベーション部門であるベトテル企業ソリューション総公社は、5年以内にベトナムで最高のブロックチェーン技術プロバイダーになる目標を明らかにした。ベトナムニュースが25日伝えた

ベトテル企業ソリューション総公社は、政府、商業部門に情報や通信技術ソリューションを提供すること、デジタル政府の構築を促進することを目的に今年10月に設立された。

同社の副会長であるNgôVĩnhQuý氏は、「ベトテルでブロックチェーン」というワークショップで、ベトテルがブロックチェーン技術を含む開発動向を追うことを強く望んでいると述べた。また、ブロックチェーンを学習し、導入するための資金、専門家、ネットワークインフラなど、必要なリソースを確保していると強調し、以下のように続けた。

「ブロックチェーンは制限のないエコシステムだ。ベトテルにとって最も困難な課題は、日常生活に適用できる最も効果的なブロックチェーン技術を選択することだ」

ベトテル企業ソリューション総公社は、ヘルスケア分野におけるファイル管理を改善するため、ブロックチェーンベースのソリューションを既に開発している。そのソリューションは、全国レベルで、保健省、地方保健局、患者、他の関連団体を含む医療ネットワーク全体の接続を可能にするという。現在は国の保健省からの承認を待っている。

 

コインテレグラフのLINE@アカウントが誕生!
毎日のまとめニュースの他、注目動画コンテンツの配信を予定しております。
こちらからご登録お願いします!