【ドル円FX予想】米中貿易協議の合意や英総選挙の出口調査を受けてリスクオンの流れに

米国市場では、ブルームバーグ通信が「米国と中国は貿易協議の第一段階で原則合意したようだ」と報じ、ドル円は109.44円まで上昇した。

報道によると、米国は中国に対して、15日に予定している対中制裁関税第4段の発動取りやめと既存の追加関税の半減を提案しているようだ。

NYダウは高値28224.95ドルと一時300ドル以上の値上がり、米10年債利回りも1.924%まで上昇した。

また、7時過ぎに英BBCが出口調査に基づく議席予想として、ジョンソン首相率いる与党・保守党が過半数を確保する勢いだと報じた。これを受けてポンドが急伸。ドル円も109.56円まで上昇した。

米中貿易協議の合意期待や、英総選挙の保守党過半数の報道で、リスクオンの流れが強まっている。

ドル円テクニカル分析と相場見通し

今日のドル円予想レンジ 109~110円

ドル円のチャートは以下の通り。

本日の高値は109.56円と、2日の高値109.73円が視野に入る。ただ、米国市場で米ドル指数先物は高値97.523まで上昇したが、引けは97.25と伸び悩んだ。FRBは来年の政策金利を据え置きする可能性が高いと見られており、ドルの上値は重い。ドル円が一気に110円を突破するのは難しいだろう。