仮想通貨ビットコインには「さらなる規制」必要 SEC委員長、主要取引所でのトレード念頭に発言

SEC(米証券取引委員会)のジェイ・クレイトン委員長は、19日にCNBC主催のカンファレンスで講演し、ビットコインがニューヨーク証券取引所やナスダックなど主要な取引所で取引されるためにはさらなる規制が必要と発言した

クレイトン委員長は、もし投資家がビットコインについてナスダックやニューヨーク証券取引所と同じ「厳格さ」で価格発見があると考えているなら、「大間違いだ」と指摘。「トレーディングをさらに規制することで自信を持てるようにしなければならない」と述べた。

規制当局は、ビットコインのボラティリティ(変動幅)の高さや価格操作に対して懸念を示してきた。

先日、米資産運用会社のヴァンエックらがSECからビットコインETFを取り下げた。米国の仮想通貨に詳しいジェイク・チャービンスキー氏は、残されたビットワイズのビットコインETFが来月に承認される確率は0.01%とみている

【関連記事:ビットワイズのビットコインETF承認確率は「0.01%」仮想通貨に詳しい弁護士が予想

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版