米政府の電気通信当局、ブロックチェーンに関する意見を募集

 アメリカ政府の電気通信当局は4日、ブロックチェーン政策に関するフィードバックを求めた。当局では、今後数年間でブロックチェーン技術への注目が高まるとみている

 米国商務省の一部である電気通信情報庁(NTIA)は声明の中で、「国際的アジェンダ形成」のために利害関係者の意見を求めていると述べた。

 インターネットガバナンスに関する広範なアジェンダ形成を図る一環で行う。、ブロックチェーンといった「新興テクノロジーやトレンド」、およびオンライン情報の自由、プライバシー、セキュリティーに焦点を当て、関係者に意見を求めている。

 「この先何年かで、我々の焦点がますます人工知能、自動化された労働力、ブロックチェーンテクノロジー等に向けられるとみている」と、通信情報担当次官補で、NTIAを統括するデイビッド J.・レドル氏は説明し、さらに次のように続けた。

「我々はこれらの問題に関する国際的議論にどのように参加するべきかを知りたい」

 この先NTIAは、「国際的インターネット政策の優先事項の調査」に対するコメントを7月2日まで専門のサイトで受け付ける