米議会議員、初めて仮想通貨の保有額を公表

 共和党下院の司法委員会のトップであるボブ・グッドラッテ議員が、仮想通貨の保有額を公表した。6日にSludgeが報じた。グッドラッテ議員は、仮想通貨の保有額を明らかにする初めての米議会議員となる。

 財務状況開示陳述書によると、グッドラッテ議員は1万7000ドルから8万ドル(約190万円~890万円)のデジタル通貨を保有。ビットコイン(BTC)とイーサリアム (ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)に投資をしている。息子のボブ・グッドラッテ氏が米国の仮想通貨取引所コインベースの投資家として有名だ。

 米国の倫理委員会は、デジタル通貨の保有状況について新たなルールを設け、全ての下院議員に対して、自身か配偶者の仮想通貨の保有額が1000ドルを超える場合は45日に以内に開示義務を課した。

 米議会で仮想通貨に対する見方は分かれており、「仮想通貨はホラ話」という議員もいれば、「革命的」と考える議員もいる